薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛 薄毛について

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

投稿日:

貧血や低血圧は血の巡りが悪い

頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。

頭は心臓よりも上にあるので、重力に反して頭皮に十分な血を巡らすことが必要です。

貧血の人の場合、血が薄く酸素を始め栄養を十分に運べません。だから、普段の生活の中での食習慣がとても大事になってきます。

低血圧の人の場合、頭部や全身の血液循環が悪いので、末端の組織への血流が悪くなります。生まれながらに低血圧の人もいるので、これといった対処法はありませんが、少しでも血液循環を良くする方法を採ることが、頭皮にとって大事です。

貧血や低血圧の人の頭皮は、血が巡っていない真っ白な色をしています。顔色は血の気のない真っ白で、髪の毛にもハリがありません。こんな人は、血の巡りが弱いのですから、体質的に外部からの刺激や作用にも弱く回復力も弱いと思ってください。カラーや縮毛矯正を含め、普段のヘアケアの習慣には気を付ける必要があります。

 

 

生理不順はその原因に対する養生法を

生理不順の人の場合、ホルモンバランスが崩れていたり、ストレスやダイエットが影響していたりするので、生理不順の原因になっていることを解決することが大事です。そこが解決できないと髪の毛の問題は解決できません。

10代の女性から医者のブログに、薄毛で悩んでいるという投稿がありました。内容は、「食事制限をするダイエットをして、生理不順になってしまい、毛も薄くなってしまった。効果的な育毛剤か育毛法を教えてほしい」ということでした。

完全に認識が間違っています。この方に必要なのは効果のある育毛剤や育毛法ではなく、食事をちゃんと摂って生理不順を治すことです。いざ自分が薄毛になった際には、この人と同じようにご自分のことを棚に上げてしまい、効果のある育毛剤や育毛法を探しまわる人が本当に多いのです。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛, 薄毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛の構造とヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返して まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮 …

女性の薄毛の原因はひとつではない

女性が薄毛になる6つの要因 髪の毛の役目やヘアサイクルについてはご理解いただけましたでしょうか。それでは女性の薄毛や抜け毛のメカニズムについてご説明しましょう。 前項で説明したヘアサイクルからみると、 …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる 「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わして …

40歳代、50歳代女性の薄毛の悩み

毎日ゆううつで外出するのもイヤだった まず、40歳代、50歳代女性の薄毛の実例として、Cさんのケースをくわしく見てみましょう。 Cさん(50歳代)は、夫と子供のいる家庭の主婦です。頭髪専門のクリニック …