薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 髪の毛について

体温が低いと薄毛になりやすい

投稿日:

体温が低いと髪の毛に元気がない

髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛に育ちません。その酵素の働きに影響を与えているのが体温なのです。

人の適正な体温は36・5度~37度であると言われていて、酵素が一番活性化する体温は38度~40度だと言われでいます。風邪を引いた時や疲れが溜まっている時には、人は自分の体温を上げて酵素の働きを活発にして早く治そうとしているのです。

ところで、あなたの平熱は何度ですか?まさか35度台ではないでしょうね。一度、起床後・昼食前・17時ごろの3回でよいので体温を計ってください。

起床後は36度の前半くらいかもしれませんが、昼食前と17時ごろは36・5度以上ないと酵素の働きが今ひとつなので、髪の毛にも元気がなく、体が疲れやすくなっているかもしれません。

 

 

35度台の低体温は髪にとってヤバイ

35度台というような低体温だと、酵素の活性度が通常の50%くらいに落ちている可能性が高いので、柔らかい弱々しい髪の毛しか作れなくなっているでしょう。

また、人の体はエネルギーのほとんどを体温保持のために使うようになるので、生きていくのに必要のない髪の毛にまでエネルギーが回ってきません。

体温が低いと髪の毛を育てる力が低下し薄毛になりやすく、一度薄毛になると髪の毛を回復するのはとても難しいのです。

まず、今のあなたの平熱を調べてみてください。もし、体温が36・5度以上ない場合には注意しましょう。

ちなみに昭和32年(1957年)当時の日本人の平均的な平熱は36・8度くらいだったらしいです(1957年東京大学田坂定孝教授らの調査による)。昭和30年代はまだまだ日本は貧しい国でした。

便利な電化製品もなく、移動手段としてはバイクが普及し始めたころで、主に自転車か徒歩が普通でした。荷物を運ぶのはリヤカーでした。

そのため体を動かすのが当たり前でしたから、貧しくても体温が高くて酵素が活発に働き元気な人が多かったのです。髪の毛も多い人が多かったと言えます。

 

 

-薄毛について, 髪の毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛のケア、効果が出るまで時間がかかる?

  変えることができるのは、未来に生え替わってくる髪の毛 今あなたの頭皮に生えている髪の毛や今生え出そうとしている髪の毛・毛穴内部に育っている髪の毛は、すべて昨日までの頭皮の影響で育った過去 …

発毛させるということは、頭皮に無理がかかるということ

疲れが溜まって、寝込んでいる時と同じ 「強く、太く、発毛」ってどこかのCMみたいですね。薄毛専門の病院のご相談者の中にも「抜け毛を減らして発毛させたい」とおっしゃる方が多いですから、商売ベースで考える …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

頭皮の皮脂が多いから薄毛になるのではない

あなたの皮膚の防御力を知る 皮脂の分泌能力が強いか弱いかを知るには、あなたの皮膚の防御力を見るとだいたい分かります。 例えば、「使う化粧品に気を使う」「何かを皮膚に付けるとすぐに赤くなる」「皮膚が弱い …

薄毛の遺伝に悩むより、正しい知識を手に入れて

「ハゲは隔世遺伝する」は単なる迷信ではない 薄毛の遺伝の具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになることがあります。 たとえば、父親が額の両 …