薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 薄毛を改善する運動・マッサージ

呼吸が浅いと頭皮が柔らかく血流が滞っている

投稿日:

頭皮のために大きく深呼吸を

毛髪のの相談室に来る人の職業で一番多いのは、システムエンジニアをしている人です。一日中パソコンを触っていることが多いので、どうしてもうつむき加減になりやく、腕を常に前に持ってきて作業しているので胸を圧迫したような姿勢になりやすいです。

最近はスマートフォンが普及して、うつむき加減で触っている人も多くなっています。

そのためでしょうか。「呼吸が浅い」と感じる人がとても多いです。呼吸が浅いと酸素を十分に取り込めないので細胞や組織が酸欠状態に陥ります。また、これらの人の頭皮を触ると、柔らかいのに張っているのです。まるで、膨らました風船が、今にも張り裂けそうな頭皮になっている人までいます。

もともと、パソコン業務は座って同じ姿勢で作業を続けるのですから、首や肩を始めとして、あらゆる筋肉が緊張しています。そんな状態でさらに呼吸が浅くて十分酸素を取り込めないと、筋肉が酸欠状態でさらに硬くなってしまい、血流まで滞ってしまいます。

 

 

一度、パソコンを触っている時のご自身の体と頭・頭皮がどうなっているかを感じ取ってみてください。たぶん、多くの人は頭が大きくなっているような感覚を感じるでしょう。それだけ張っていて血流が滞っているのです。スマートフォンを触っている時の姿勢やご自身の体全体を振り返ってみてください。

その他にも、学校を卒業すると運動しなくなるので、呼吸が浅くなっている人も多いです。呼吸が浅い人は交感神経が緊張し血流不足になりやすいので、疲れが取れません。意識して深い腹式呼吸を始めると、緊張している副交感神経が優位になるので血流が改善し、疲れが取れやすくなります。

意識して肺を大きく膨らませるように深い呼吸を10回程度してください。毎日朝・昼・夕と1日3回すると良いでしょう。

 

 

-薄毛について, 薄毛を改善する運動・マッサージ

執筆者:

関連記事

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか? 薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛に …

薄毛が遺伝するというのは本当か

遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」 「父が薄毛だから自分も危ない」「隔世遺伝するらしく、祖父が薄毛だと自分もくる」 薄毛と遺伝の関係は昔から取りざたされてきました。現代では、薄毛の原因となっている遺 …

薄毛と脱毛症は同じものではありません

薄毛と脱毛症は改善の仕方が違う あなたの毛は抜けますよね。「私は毎日1本も毛が抜けなくて、フサフサなのです」というような人はいないと思います。いるなら、ぜひともお会いしてみたいものです。 毛は誰でも毎 …

筋肉を緩める「育毛リンパケア」が薄毛・抜け毛に効果を発揮

耳たぶ回しでリンパの流れがよくなる 愛知県春日井市の月見歯科クリニックでは、顎関節症治療の一環として「耳たぶ回し」を取り入れています。 また、院長の佐藤青児先生は、育毛のためのセルフケア法としても、セ …

医学の世界では薄毛をどのように定義しているのか

医学の世界ではどうみているか 医学の世界では薄毛をどのように定義しているのかを調べてみました。 2010年に発表された日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドラインの疾患概念」の説明を要約すると、男性 …