薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

投稿日:

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか?

薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛になる前とは何年前のことなのでしょうか?

人は年齢を重ねます。ケアを始めでも日に日に年齢を重ねて体は衰えていきます。成長期が終わるのは20歳前後で、その後はゆっくりと衰えでいきます。体が衰えていくのに、髪の毛だけは昔のようになりたいと考える人が多いのです。

「60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るでしょうか?」と聞くと、すべての人が「そんなの無理でしょう」と答えます。こんな極端な事例なら理解できますが、薄毛が表面化してから1年2年しか経過していないと、簡単に
戻せるのではないか?と考える人が多いのです。

 

 

髪の毛は生え替わりながら成長しなくなっていくので、薄毛が表面化する時には、それまでに2年とか4年くらい経過していることが多いです。もっとかかっている場合もあります。ケアを始めても生え替わりながらゆっくりと戻っていくので、さらに2年とか4年かかることがほとんどです。

ということは、フサフサに毛があった時からケアが終わるころまでには、4年とか8年経過するのです。下手をすると10年以上経過していることもあるのです。

誰でも老化していくもの

「透けている部分が隠れるようになりたい」なら分かりますが、フサフサだったころの髪の毛に戻ると考えるのはおかしいと思いませんか? 体が若返るなら分からないではありませんが、誰でも老化していくのですから。

年齢を重ねると骨格や毛の生え方も変わり、細胞の生まれ替わりも穏やかになっでいきますから、年齢を重ねれば重ねるほど維持できる本数は減っていくものなのです。

ハゲになるとか薄毛になるということではなく、誰でも年齢相応の髪の毛の量と形があるので、それを目標にしてください。1年2年と現状維持を続けるなら、それも効果のひとつです。だって成長しなくなるのを防いでいるのですから。

髪の毛を無くさないこと、年齢相応の髪の毛を取り戻すこと、同窓会に出たら髪の毛が多い部類に入ることを目標にしていただきたいと思います。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

簡単なうえに頭皮や髪を健康に保つ「お湯洗髪」

ふだん使っているシャンプーやリンスに疑問を持つように クリニック宇津木流院長である宇津木龍一先生の髪は、もともと細くサラサラしていて、コシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。 ところ …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

呼吸が浅いと頭皮が柔らかく血流が滞っている

頭皮のために大きく深呼吸を 毛髪のの相談室に来る人の職業で一番多いのは、システムエンジニアをしている人です。一日中パソコンを触っていることが多いので、どうしてもうつむき加減になりやく、腕を常に前に持っ …

女性とは違う男性の薄毛原因

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA 男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる …

薄毛と脱毛症は改善の仕方もまったく違う

効果の出方も違っている 薄毛の改善は生え替わりながら段々と太くなり寿命が長くなっていくので年月がかかり、かつ太さや寿命がゼロになっている毛は生え替わっできません。 女性の相談で、「髪質が変わってしまい …