薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

年齢を重ねると誰でも頭皮は衰える

投稿日:

60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るか?

薄毛専門外来に来る人の希望をお聞きすると、たいていの人は薄くなる前に戻りたいといいます。当たり前と言えば当たり前の希望です。ここでよく考えてください。薄毛になる前とは何年前のことなのでしょうか?

人は年齢を重ねます。ケアを始めでも日に日に年齢を重ねて体は衰えていきます。成長期が終わるのは20歳前後で、その後はゆっくりと衰えでいきます。体が衰えていくのに、髪の毛だけは昔のようになりたいと考える人が多いのです。

「60歳の人が20歳のころの髪の毛に戻るでしょうか?」と聞くと、すべての人が「そんなの無理でしょう」と答えます。こんな極端な事例なら理解できますが、薄毛が表面化してから1年2年しか経過していないと、簡単に
戻せるのではないか?と考える人が多いのです。

 

 

髪の毛は生え替わりながら成長しなくなっていくので、薄毛が表面化する時には、それまでに2年とか4年くらい経過していることが多いです。もっとかかっている場合もあります。ケアを始めても生え替わりながらゆっくりと戻っていくので、さらに2年とか4年かかることがほとんどです。

ということは、フサフサに毛があった時からケアが終わるころまでには、4年とか8年経過するのです。下手をすると10年以上経過していることもあるのです。

誰でも老化していくもの

「透けている部分が隠れるようになりたい」なら分かりますが、フサフサだったころの髪の毛に戻ると考えるのはおかしいと思いませんか? 体が若返るなら分からないではありませんが、誰でも老化していくのですから。

年齢を重ねると骨格や毛の生え方も変わり、細胞の生まれ替わりも穏やかになっでいきますから、年齢を重ねれば重ねるほど維持できる本数は減っていくものなのです。

ハゲになるとか薄毛になるということではなく、誰でも年齢相応の髪の毛の量と形があるので、それを目標にしてください。1年2年と現状維持を続けるなら、それも効果のひとつです。だって成長しなくなるのを防いでいるのですから。

髪の毛を無くさないこと、年齢相応の髪の毛を取り戻すこと、同窓会に出たら髪の毛が多い部類に入ることを目標にしていただきたいと思います。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …