薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛 薄毛について

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

投稿日:

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている

ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、洗髪のやり方や育毛剤の紹介・頭皮のマッサージのやり方・髪の毛が増える食べ物等々が、特集記事で紹介されていたりします。

休日に買い物に行った時など、エスカレーターの上から見下ろすと、頭のてっぺんの分け目がパカッと割れて地肌が丸見えになっでいる女性が多いのにも驚きます。30代くらいなら、細い線で地肌が見えていて、40歳を超えるとその線がかなり広がって見えます。

これらを見ていると、雑誌やテレビの特集で、美容外科の先生がおっしゃっている、加齢やホルモンバランスの崩れで起こっているのかどうか、とても疑問に感じています。

 

 

なぜなら、加齢やホルモンバランスの崩れは、どの女性にもあることで、かつ30年前40年前にも、30代の女性・40代の女性・50代の女性はたくさんいたからです。現代のように、あらゆる世代の女性の薄毛が増えているのは、何かおかしいと考える方が普通だと思います。

ご相談者の中には、45歳ごろからケアを始めた女性がいます。更年期に入っていく年齢です。すでに更年期に入っていたかもしれません。

この人の場合はストレスが大きな問題で、かつ育毛剤を使った経験もなく、カラーもほとんどしたことがなかったことが幸いしたのでしょう。シャンプーを替えて、時折頭皮のケアをしただけで、ストレスが解消されると50歳の時には髪の毛に腰が出て透けている部分は無くなっていました。

こんなケースを見ると、加齢やホルモンバランスの崩れが大きな問題だとは思えなくなります。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛, 薄毛について

執筆者:

関連記事

冷え症を解消して血流がよくなれば、薄毛を改善するのに役立つ

全身の血流が悪いと頭皮に悪影響を及ぼす あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生は、皮膚科の専門医として、薄毛の治療に当たっています。このようにいうと、なかには、「なぜ皮膚科専門の医師が毛髪を診るのか」 …

女性の場合は頭頂部のツムジのあたりからしだいに薄毛が広がっていく

髪の毛は20歳代から細くなり始めている 40歳代、50歳代女性に起きる薄毛、脱毛は、基本的には加齢による脱毛が多いと考えられます。 私たち人間の心身の老化は、目立たなくても、20歳代のころから始まって …

髪の毛は皮膚の一部が変化したもの

頭髪のトラブルは病気のサインの場合も 髪の毛のもつイメージは、女性にとってとても大切なもの。朝、髪型が決まると一日が気分よく始まるのに、逆に、まとまりが悪く納得のいかない髪型ででかけなければならないと …

女性の薄毛には6つのタイプがある

頭髪全体が均等に脱毛していくのが多い 女性の薄毛は、男性型脱毛症のように特定の部位から髪の毛が後退するのと違い、頭髪全体が均等に脱毛していくのが特徴です。特に、髪の分け目が透けてみえるようになります。 …

胃腸が弱い人は薄毛になると改善に時間がかかる

髪の毛にまで十分な栄養が回っってこない 薄毛専門の外来に来る女性の相談者の中には、生の水が飲めない方がいます。他にも肉類を受け付けない女性もいましたし、キムチ等の刺激物を摂るとお腹を下す男性もいました …