薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


簡単手作り育毛剤

手術後の自律神経失調症で抜け毛が増加

投稿日:

体力がなくなってアレルギーや筋肉痛が出始めた

少女時代からアメリカにあこがれていた岡田信子さん(68歳・作家)は、25才で留学して、結婚、出産。親子4人の家庭生活をきりもりしながら、メリーランド州のケースワーカーとして働き、疲れ知らずの健康体でした。

ところが、50才を過ぎてご主人と別れ、日本に戻ってひとりで再出発したころから、いろいろな不調が出てきた
のです。アメリカでは切らずにすむといわれていた子宮筋腫が、日本の病院では、即手術が必要との診断。医師の判断で、子宮だけでなく、何の罪もない卵巣までとられてしまったのは痛手でした。

女盛りだったのに、突然ホルモンがアンバランスになり、予想だにしなかった更年期障害に陥ってしまったのです。

その一件以来、岡田さんは青春を失ってしまいました。体力がなくなってアレルギーや筋肉痛が出始めただけでなく、自律神経失調症によって、抜け毛がひどくなってきたのです。

 

 

美容院でシャンプーをしてもらったとき、鏡の中で初めて頭頂部が薄くなっていることを発見。おしゃれウィッグも買ったのですが、かえって脱毛がひどくなるとの説もあり、頼りすぎるのはやめました。

その後、卵の白身や黄身が肌や髪によいと聞き、シャンプー後は卵黄で頭皮をマッサージするようにしていたのです。

そのかいあって、頭頂部の毛はいくらか再生してきたようですが、それでも年齢とともに、髪が細く、こしがなくなり、全体にボリュームがをくなってくるのは止められません。

6~7年前、岡田さんがある大型電器店に買い物に行ったとき、店内のテレビモニターに映ったしょぼくれたおばあさんが自分だったとわかったときのショックは、相当なものでした。少々薄毛とはいえ、まだまだ若いつもりでいたのですから。

→卵のうす皮育毛剤で髪の張りが復活

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

「みかんの育毛剤」で黒く太い毛が生えてきていて、髪全体にもつやが

使い始めて半年後には黒々とした髪が生えてきた東京都 48才 会社員 男性の方の体験談です。 明らかな効果に美容師だった妻も驚いた 私の髪が薄くなってきたのは、10年ぐらい前からのことです。とくに、頭の …

地肌がくっきり見えていた分け目が「みかんの育毛剤」で解消

つやつやの黒髪になった群馬県 38歳 会社員 女性の方の体験談です。 約2カ月でうぶ毛が生え始めた! 頭髪の分け目が気になりだしたのが3年前。髪の量は多いほうで、分け目が見えることなどなかったのですが …

柑橘類の皮に含まれるアミノ酸が毛髪の成長を活性化する

柑橘類の皮に含まれる精油成分d-リモネンが効く 男性ホルモンである 「テストステロン」は「5α-リグククーゼ」という酵素によって 「5α-ジヒドロテストステロン」という物質に変換されます。これが毛乳頭 …

頭皮の血行を改善し毛母細胞をよみがえらせるイチョウ葉の育毛剤

血行促進作用があるイチョウ葉のエキス 髪の毛が抜けたり、こしがなくなったり、フケやかゆみが起きる原因はさまざまですが、それらと密接な関係があるのが、頭皮の血行不良や汚れです。血行が悪くなると毛根に十分 …

保湿成分にすぐれたヒアルロン酸が毛根の働きを整えて脱毛を防ぐ「卵のうす皮の育毛剤」

抜け毛は毛根の血流と密接な関係がある 東洋医学では、髪の毛のことを「血余(けつよ)」と呼びます。髪の毛は余った血によってつくられている、という意味でしょうか。 なるほど、血余とはよくいったものです。生 …