薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


簡単手作り育毛剤

保湿成分にすぐれたヒアルロン酸が毛根の働きを整えて脱毛を防ぐ「卵のうす皮の育毛剤」

投稿日:

抜け毛は毛根の血流と密接な関係がある

東洋医学では、髪の毛のことを「血余(けつよ)」と呼びます。髪の毛は余った血によってつくられている、という意味でしょうか。

なるほど、血余とはよくいったものです。生き生きとして豊かな髪の毛は、血液が十分に毛根に流れているからこそ、ありえることだからです。何らかの原因で毛根の血液の流れに支障が起これば、髪の毛はそれをすぐに感じとり、抜け毛が生じてしまうのです。

毛根には2ミクロンという極細の毛細血管が通っています。赤血球の大きさが7~8ミクロンですから、普通の健康な状態でも、赤血球は押しつぶされたように変形しながら、毛細血管の中を通っているわけです。ですから、毛細血管は非常に詰まりやすく、収縮しやすいのです。

 

 

この毛細血管が、酸素や栄養を毛根の細胞に渡して、髪の毛がつくられていきます。

ところが、毛根に付着した皮脂や化学物質が、それを妨げます。皮脂や化学物質は、酸化しやすい性質を持っているからです。酸化すると、活性酸素を生み出し、毛根の細胞の働きを弱め、血管を収縮させる原因となるのです。

毛根の血管が収縮すると、髪の毛の一本一本に、酸素や栄養が行き渡らなくなります。毛はやせて細くなり、髪の毛を洗うといった小さい刺激に対しても、抜けやすくなってしまうのです。

つまり、抜け毛の原因は、毛根の血行障害による、といえるのです。

 

 

弱った毛根に力をとり戻し抜け毛を防ぐ

化学物質をたくさん含んだヘアケア製品を使うと、化学物質が毛根に残り、酸化しやすくなり、毛根を傷め、抜け毛につながります。

そんな弱った毛根に力をとり戻し、抜け毛を防ぐ役割を果たしてくれるのが、「卵のうす皮の育毛剤」です。

卵のうす皮には強力な保湿成分のヒアルロン酸がたっぷり含まれています。このヒアルロン酸が、頭皮の乾燥を防ぎ、毛根を正常な状態に保つ働きをします。次に重要なのが、玄米です。玄米は抗酸化作用に富み、血行をよくする働きがあり、その玄米エキスが、アルコールによって抽出されているのがポイントです。

また頭皮を健康にするビタミン・ミネラルも豊富です。ほかに、しようが、紅茶も含まれるので、抗菌、収れんといった効果も期待できます。またミネラルが豊富な根コンブも有効な成分を浸透させる働きをします。

もちろん、台所にあるもので作ることができますから、化学物質による心配もありません。使い始めると、それほど時間をおかないうちに、髪の質が変わってきたことに気がつくでしょう。

実際に、卵のうす皮の育毛剤を半年近く使ってみると、キューティクル(髪の表面のうろこ状組織)がよくなって、髪の毛につやができてきました。

抜け毛が止まると、精神的に楽になり、気持ちが若返ったようになるものです。

 

 

-簡単手作り育毛剤

執筆者:

関連記事

みかんの育毛剤の作り方と使い方

みかんの育毛剤の作り方 ●材料 ・2種類以上の柑橘類(温州みかん、甘夏、伊予柑、はっさく、レモンなど)の皮…50g以上(生の状態で) ・35度のホワイトリカー…15ml ①皮をむく よく水洗いして皮を …

イチョウ葉の育毛水のQ&A

Q.落葉したイチョウの葉を使ってはいけないの? A.イチョウ葉のフラボノイド効果は6~8月ごろの緑の葉が高く、10月ごろの黄色くなった葉にはほとんど含まれていません。緑の葉がなければ市販の乾燥葉を利用 …

自家製のドクダミ育毛剤で髪質が変わり、抜け毛も減ってきた

透けて見えていた地肌が見えなくなってきた 青森県にお住いの森田美子さんが、自家製の育毛ローションを使い始めたのが、今年の3月のこと。そして、その効果は、思ったよりも早く現れました。始めて3カ月もしない …

「卵のうす皮の育毛水」で髪がサラサラになり白髪もフケも解消

あれほど悩んでいたパサつきがなくなった 卵のうす皮の育毛水は自分で作れるので安心でした。つかささんは、すぐに試すことにしました。 使う分だけスプレー容器に移し、残りは冷蔵庫で保存します。朝起きてセット …

みかんの育毛剤で髪にコシができて髪の毛が太くなった

薄くなっていた前髪の生え際が濃くなった愛知県 42歳 マッサージ師 女性の方の体験談です。 さわやかな香りとおだやかなつけ心地 10年ほど前から、前髪をアップにすると、生えぎわが薄くなっていることに気 …