薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛・抜け毛の治療

男性型脱毛症の男性ホルモンに対する感受性

投稿日:

感受性が高い人と低い人

少量の男性ホルモン変化にも敏感に反応する、つまり男性ホルモンに対する感受性が高い人では、5α-リグクターゼの働きによってジヒドロテストステロンが少し増えても、それに敏感に反応して男性型脱毛症が進行します。

このような人に対しては、フィナステリドの比較的少量の使用でも、5α-リダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、男性型脱毛症の進行を抑制することができます。

それでは、男性ホルモンに対する感受性が低い人の場合は、どう考えればいいでしょうか。男性ホルモンに対する感受性が低いのに男性型脱毛症が起きているのですから、原因物質であるジヒドロテストステロンが、それだけ多量に5α-リグクターゼの働きによってできているのだろうと推測することができます。

ですから、このような人に対しては、フィナステリドを比較的多量に使用して、5α-リダクターゼの働きをガッチリとブロックする。そうすることによって、多量にできているジヒドロテストステロンの増加をできるかぎり抑え込み、男性型脱毛症の改善を目指すべきではないか、というのが現在の頭髪専門の医師の考え方です。

ただしこの点については、さらにデータの積み重ねと検証が必要です。

 

 

-薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる 「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わして …

薄毛・抜け毛の治療はどのくらいの成果で納得できるのか

薄毛・抜け毛を簡単にあきらめてしまわずに 男性型脱毛症は、20歳代、30歳代といった若い年代でも起こることがあり、「硬毛の軟毛化」がいったん始まると、脱毛が増え、毛が細く短くなり、全体的に毛量が減って …

男性型脱毛症の医薬品フィナステリドの副作用

まれながら性欲低下や勃起不全が 頭髪専門の医師たちはすでに、薄毛、脱毛に悩む患者さんたちに対して、フィナステリドを使用した治療経験を、ある程度積み重ねてきました。その経験からいえば、フィナステリドは安 …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

男性型脱毛症(AGA)の原因になる還元酵素を抑える治療薬

5α-リダクターゼの働きを抑える 男性型脱毛症(AGA)のおもな原因は、「ジヒドロテストステロン」という物質であることがわかってきました。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5α- …