薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛・抜け毛の治療

男性型脱毛症の男性ホルモンに対する感受性

投稿日:

感受性が高い人と低い人

少量の男性ホルモン変化にも敏感に反応する、つまり男性ホルモンに対する感受性が高い人では、5α-リグクターゼの働きによってジヒドロテストステロンが少し増えても、それに敏感に反応して男性型脱毛症が進行します。

このような人に対しては、フィナステリドの比較的少量の使用でも、5α-リダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、男性型脱毛症の進行を抑制することができます。

それでは、男性ホルモンに対する感受性が低い人の場合は、どう考えればいいでしょうか。男性ホルモンに対する感受性が低いのに男性型脱毛症が起きているのですから、原因物質であるジヒドロテストステロンが、それだけ多量に5α-リグクターゼの働きによってできているのだろうと推測することができます。

ですから、このような人に対しては、フィナステリドを比較的多量に使用して、5α-リダクターゼの働きをガッチリとブロックする。そうすることによって、多量にできているジヒドロテストステロンの増加をできるかぎり抑え込み、男性型脱毛症の改善を目指すべきではないか、というのが現在の頭髪専門の医師の考え方です。

ただしこの点については、さらにデータの積み重ねと検証が必要です。

 

 

-薄毛・抜け毛の治療

執筆者:

関連記事

男性型脱毛症の医薬品フィナステリドの副作用

まれながら性欲低下や勃起不全が 頭髪専門の医師たちはすでに、薄毛、脱毛に悩む患者さんたちに対して、フィナステリドを使用した治療経験を、ある程度積み重ねてきました。その経験からいえば、フィナステリドは安 …

フィナステリドの効果に個人差が

より有効に作用する人と効きにくい人がいる これまで説明してきたように、男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンという体内物質がおもな原因となって起こります。フィナステリドの使用によって、このジヒドロテス …

男性型脱毛症の治療に必要な「ディフェンス」と「オフェンス」の取り組み

脱毛にはさまざまな関連要因が 男性型脱毛症というのは「進行する脱毛」ですので、いったん起きると、放置すれば、硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、薄毛、毛量の全体的な減少などがしだいに進んでいきます。 フィナス …

薄毛・抜け毛の治療はどのくらいの成果で納得できるのか

薄毛・抜け毛を簡単にあきらめてしまわずに 男性型脱毛症は、20歳代、30歳代といった若い年代でも起こることがあり、「硬毛の軟毛化」がいったん始まると、脱毛が増え、毛が細く短くなり、全体的に毛量が減って …

薄毛の治療のポイントは進行を適切に食い止めること

進行を食い止める薬がアメリカで開発され、日本でも使えるようになっている 薄毛が目立ち始める年代は人によって違いますが、男性型脱毛症の大きな特徴は、薄毛、脱毛がいったん始まると、それが年月の経過とともに …