薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛や抜け毛は遺伝するのか

投稿日:

遺伝的素因がある程度まで判明

頭髪専門の医師が、「遺伝」という話題では、患者さんから、「薄毛、抜け毛は遺伝するのでしょうか?」「父が(あるいは祖父が) ハゲていたのですが、私は大丈夫ですか?」という質問を受けることがあります。

結論からいうと、薄毛、脱毛には遺伝的な素因が関連している部分があることが、ある程度までわかってきました。たとえば、5α-リダクターゼという酵素の「体内での分布」は、両親からの遺伝子の影響を受けています。また、「男性ホルモンに対する感受性」は、母親からの遺伝子にかかわっています。

これまで説明してきたように、酵素5α-リダクターゼの働きが強まり、ジヒドロテストステロンが増えることから、男性型脱毛症が進行します。

5α-リダクターゼの「体内での分布」、とくに頭部での分布は、ある人に男性型脱毛症が起きたときに、脱毛がどのような「型(パターン)」で進展するかということに関係していて、これが両親からの遺伝子の影響を受けているわけです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかわかっていますか

弾力があることと動くこと マッサージで頭皮を柔らかくしようとして髪の毛を無くした人は、生まれながらに頭皮は硬く、髪の毛も細くて量も少な目だったそうです。 確かに髪の毛が太くて本数の多い人は、頭皮に弾力 …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

薄毛・抜け毛と戦うためにはそのタイプを知っておく

「進行する脱毛」と「一時的な脱毛」 「男性型脱毛症」は、ヘアサイクル(毛周期)や遺伝的な素因が関係していて、男性ホルモンの体内変動や、ホルモン受容体の感受性の変化が大きく影響していることがわかってきま …