薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

薄毛の遺伝に悩むより、正しい知識を手に入れて

投稿日:

「ハゲは隔世遺伝する」は単なる迷信ではない

薄毛の遺伝の具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになることがあります。

たとえば、父親が額の両脇から薄くなっていく「M字型」の薄毛だと、本人も「M字型」に脱毛が進行する、あるいは父親も本人も「てっぺんから薄くなる」といったことが起きてきます。

母親からの遺伝子にかかわっている「男性ホルモンに対する感受性」については、母親の父親、つまり母方の祖父との遺伝的な関連の可能性が考えられます。昔から「ハゲは隔世遺伝(祖父母の代からの遺伝)する」という説がありますが、これも単なる俗説や迷信ということではなさそうなのです。

 

 

ただし、お父さんやお祖父さんがハゲていたからといって、自分もそのうちきっとハゲてしまうだろうと運命的に思い込んでしまうのは、適切な考え方とはいえません。薄毛、脱毛には、さまざまな原因やきっかけが重なりあっていることがあります。また、薄毛、脱毛についての研究や治療法も着実に進んでいます。

10年後、20年後、もっと先にどうなるかという、予測しょうのないことを思い悩むよりも、「もし自分の頭髪がそのような状況になつたら、どう対処すればいいか。現在の医療として、どのような現実的な選択肢がありうるのか」といったことについて、科学的で正しい知識や情報を手に入れておくことのほうが、ずっと大切です。

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

30代から頭部が薄くなってきた男性

髪の毛がなくなるだけで、こんなにも人生が違うんだな 30代半ばから頭頂部が薄くなっていき、職場でも「なんだか髪が薄くなったね」と言われるようになりました。「枕元にすごい数の毛が落ちてるよ」と妻に言われ …

女性の薄毛は加齢やホルモンバランスが本当の原因か?

あらゆる世代の女性の薄毛が増えている ここ5年か10年くらい、50歳以上の年配の女性をターゲットにしたウィッグ(かつら)のテレビCMをかなりの頻度で見るようになりました。また、美容健康関連の雑誌でも、 …

ドライヤーは薄毛に影響するのか?パーマやヘアカラーは?

おしゃれに大きな制限がかかることも薄毛のつらいところ その他、日常で髪や頭皮をケアする機会と言えば、ドライヤーを使うときでしょう。薄毛になると、今ある髪の毛のことを大事にしたいと考えるようになります。 …

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …

100%絶対大丈夫な製品や方法があるはずだ、という薄毛に関する間違った認識

効果を求めるあまり頭皮と心身が疲れてしまう 世の中に、絶対に大丈夫というような製品や方法はありません。あるのは、100人のうち何割くらいの人に効果が望めるか、ということだけです。 いろんな情報を見てい …