薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

薄毛の遺伝に悩むより、正しい知識を手に入れて

投稿日:

「ハゲは隔世遺伝する」は単なる迷信ではない

薄毛の遺伝の具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになることがあります。

たとえば、父親が額の両脇から薄くなっていく「M字型」の薄毛だと、本人も「M字型」に脱毛が進行する、あるいは父親も本人も「てっぺんから薄くなる」といったことが起きてきます。

母親からの遺伝子にかかわっている「男性ホルモンに対する感受性」については、母親の父親、つまり母方の祖父との遺伝的な関連の可能性が考えられます。昔から「ハゲは隔世遺伝(祖父母の代からの遺伝)する」という説がありますが、これも単なる俗説や迷信ということではなさそうなのです。

 

 

ただし、お父さんやお祖父さんがハゲていたからといって、自分もそのうちきっとハゲてしまうだろうと運命的に思い込んでしまうのは、適切な考え方とはいえません。薄毛、脱毛には、さまざまな原因やきっかけが重なりあっていることがあります。また、薄毛、脱毛についての研究や治療法も着実に進んでいます。

10年後、20年後、もっと先にどうなるかという、予測しょうのないことを思い悩むよりも、「もし自分の頭髪がそのような状況になつたら、どう対処すればいいか。現在の医療として、どのような現実的な選択肢がありうるのか」といったことについて、科学的で正しい知識や情報を手に入れておくことのほうが、ずっと大切です。

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

女性とは違う男性の薄毛原因

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA 男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

この手法にはさまざまなリスクがある 薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。 植毛には、自分の後 …