薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

市販の「育毛シャンプー」で薄毛は改善されるのか

投稿日:11月 29, 2018 更新日:

頭皮の汚れや皮脂は、直接の薄毛の原因ではない

現在は、いわゆる「育毛シャンプー」が市場を席巻しています。「薬用」という記載もあり、なんだか効きそうな気がします。しかし実は、市販されているシャンプーに、発毛や育毛の効果はありません。

より正確に表現するなら、発毛・育毛シャンプーで医学的に効能が認められた成分が入っているものは現状でほぼ見かけず、現実的にはシャンプー自体で発毛効果を得ることはできない、ということです。

シャンプーは日常的なことであり「それが発毛につながるならどんなに効果的か」との考えをもつのは自然なことです。「シャンプーで発毛」というイメージは、「頭皮の毛穴から皮脂を落とし、きれいにすれば、なんとなく毛も生えてきそうだな」というものではないでしょうか。

広告などでも、スコープで頭皮を大写しにして、「こんなに皮脂で汚れているんですよ」というのがおなじみになっています。

それらをよく見てください。いずれも「頭皮が汚れていることが薄毛の原因なんだ」と、はっきり言っているものはひとつもないでしょう。これは、断言できる科学的な根拠がなく、もし断言してしまえば虚偽広告となってしまう可能性が高いからです。

 

 

医学的見地からしても、頭皮の毛穴にある皮脂や頭皮の汚れが薄毛の直接の原因になっているということはありません。

そもそも、シャンプーで髪を毎日洗う習慣ができたのは昭和30年代から。それ以前は、髪を洗うのは月に数回で、シャンプーも使っていませんでした。

もしシャンプーでしか落とせないような頭皮の汚れや皮脂汚れが薄毛を引き起こすなら、シャンプーで髪を洗わない、アマゾンの民族やホームレスのような人々はみんな薄毛になってしまうはずですが、現実的にそうなってはいません。

また、作家の五木寛之さんは「シャンプー嫌い」として有名で、「もう何十年も、年4回(春、夏、秋、冬に1回ずつ)しか頭を洗っていない。ブラッシングもせず、髪の毛を指でとかす程度」というようなことを公言しているそうです。

しかし御年80歳異常となられた現在でも、髪の毛はふさふさです。高齢でも毛量が豊富なことに関しては個人差が大きいため、同じようにすれば五木さんのようになれるというわけではありませんが、少なくとも、「頭皮の汚れや皮脂は、直接の薄毛の原因ではない」ということの実例と言えるのではないでしょうか。

→シャンプーの効能で髪が生えることはない

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

この手法にはさまざまなリスクがある 薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。 植毛には、自分の後 …

30代から頭部が薄くなってきた男性

髪の毛がなくなるだけで、こんなにも人生が違うんだな 30代半ばから頭頂部が薄くなっていき、職場でも「なんだか髪が薄くなったね」と言われるようになりました。「枕元にすごい数の毛が落ちてるよ」と妻に言われ …

女性は全員が薄毛を否定しているわけではない

薄毛の男性は優しい印象がある ここで、医師が耳にした薄毛に肯定的な女性の意見も載せておきます。もちろん薄毛は治療してコンプレックス自体を解消するに越したことはないのですが、今現在、悩んでいるあなたに「 …

ドライヤーは薄毛に影響するのか?パーマやヘアカラーは?

おしゃれに大きな制限がかかることも薄毛のつらいところ その他、日常で髪や頭皮をケアする機会と言えば、ドライヤーを使うときでしょう。薄毛になると、今ある髪の毛のことを大事にしたいと考えるようになります。 …