薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

頭皮マッサージは薄毛対策になるのか

投稿日:

「やらないよりはマシ」というレベル

頭皮マッサージは、ヘアケアの定番とも言える方法です。世の中にはさまざまなマッサージ法があり、薄毛に悩む人の関心の高い事柄です。

頭皮マッサージが効くという説は、「血行がよくなることが発毛を助けるのでは」というイメージからきているかと思います。確かにマッサージをすれば、頭皮の血行はよくなります。そして、恒常的に頭皮の血行がよくなるということが発毛の助けになるのは理にかなってもいます。

ただし、いくら必死にマッサージをして血行をよくしても、それはあくまで一時的なものでしかありません。そう時間が経たずに血行は元通りになりますから、たとえ毎日1時間ずつマッサージしたとしても、発毛にまで至る効果があるとはとても言えません。

「やらないよりはマシ」というレベルにとどまるというのが正直なところです。ちなみに手のひらに刺激を与えると血行がよくなるなど、頭皮の血流はしょっちゅう増減を繰り返しているもの。一時的ではほぼ意味がないのです。

 

 

頭皮マッサージの代表的な施術法と言えばヘッドスパです。他人に頭をマッサージしながら洗ってもらうのは気持ちのよいものです。ヘッドスパの施術自体に医学的な根拠はなく、発毛は期待できませんが、心がゆったりリラックスすることでストレスが減り、間接的に髪にもいい影響を与えるということは考えられるでしょう。

その他には、頭に蒸気などをあてて毛穴を聞かせるとともに血行をよくする、というような機械もあります。頭全体を覆うような大げさなもので、いかにも効きそうな気がするものですが、血行がよくなるのは一瞬で、発毛の根拠もありません。

民間療法としては、ヘアブラシなどで頭をトントンとたたくようなことをしている人がよくいます。これも血行をよくする目的なのでしょうが、頭皮を傷つけたり、毛根にストレスが加わったりして結果的に抜け毛を助長してしまう可能性が高いため、お勧めできません。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

ドライヤーは薄毛に影響するのか?パーマやヘアカラーは?

おしゃれに大きな制限がかかることも薄毛のつらいところ その他、日常で髪や頭皮をケアする機会と言えば、ドライヤーを使うときでしょう。薄毛になると、今ある髪の毛のことを大事にしたいと考えるようになります。 …

30代から頭部が薄くなってきた男性

髪の毛がなくなるだけで、こんなにも人生が違うんだな 30代半ばから頭頂部が薄くなっていき、職場でも「なんだか髪が薄くなったね」と言われるようになりました。「枕元にすごい数の毛が落ちてるよ」と妻に言われ …

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

「増毛法」から試そうとする人は多い 薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」 …

頭皮のマッサージはやり方を間違えると髪の毛が無くなります

マッサージの目的を勘違いしないように 「頭皮が柔らかいと良いと聞いたので、マッサージで頭皮を柔らかくしました」といった方の頭皮を見たことがあります。毛は産毛かそれに近いくらいにしか伸びていませんでした …

ある20代前半男性の薄毛の悩み

薄毛のおかげでおしゃれの興味が薄れてきた 20歳の頃から、自分が薄毛ではないかと思い始めました。意識したきっかけは、大学の友人と行った旅行でした。髪にワックスをつけ、自分としてはおしゃれな格好で出かけ …