薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

ドライヤーは薄毛に影響するのか?パーマやヘアカラーは?

投稿日:

おしゃれに大きな制限がかかることも薄毛のつらいところ

その他、日常で髪や頭皮をケアする機会と言えば、ドライヤーを使うときでしょう。薄毛になると、今ある髪の毛のことを大事にしたいと考えるようになります。髪に悪いことは、できるだけ避けたいものです。

通常時、髪の表面はキューティクルという組織により保護されているのですが、濡れているときはこのキューティクルが外側にめくれ上がり、髪が傷みやすい状態になっています。そこに熱風をあてれば、髪はやはり傷んでしまうため、洗髪後の髪にとってドライヤーは大敵です。ただし、頭皮を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなり、フケやかゆみにもつながりますから、頭皮は乾かしておきたいところです。

ではどうすればいいかと言えば、まずは髪に吸水性のよいタオルを押しつけるようにして乾かし、髪が水分で束にならない程度まで自然乾燥します。

ここまでくると、キューティクルはある程度閉じて、髪の内部が保護されている状態になっています。そこからドライヤーを使い、できるだけぬるい温風をあてながら、頭皮を意識的に乾かすようにするといいでしょう。

 

 

なんとなく毛が薄くなってきたと感じたら、パーマをかけて全体のボリューム感をアップさせようと考える人もいるかもしれません。しかしそれは結果的に、今ある髪の毛にとってはダメージとなってしまいます。

昔は、パーマをかけるためには髪を引っ触りながら丸め、熱を加えるような手法がとられていました。これは毛根にも負担をかけるため、抜け毛を助長し、薄毛につながります。

最近ではそこまでテンションをかけなくとも、パーマがかけられるようになってきましたが、パーマ液は強い薬剤ですから、何度もかけていると髪が弱くなり、脱毛してしまうようになります。今ある髪を大事にしたいならお勧めはできません。

ヘアカラーに関しても、あまり肯定できません。一般的なヘアカラーというのは、毛の表面にあるキューティクルを開き、その中に染料を浸透させることで色がつく仕組みになっています。

カラーリング剤は、化学薬品や人工着色料などでできており、頭皮に付着すれば刺激を与え、人によっては炎症を起こします。それが引き金となって薄毛に追い打ちをかけてしまうことも十分に考えられます。

頭髪のおしゃれに大きな制限がかかることも薄毛のつらいところですが、無理は禁物です。薄毛治療でしっかり髪が生えれば、いくらでもおしゃれが楽しめるようになるのですから、それまでの辛抱です。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

この手法にはさまざまなリスクがある 薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。 植毛には、自分の後 …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

市販の発毛剤や育毛剤は効果があるのでしょうか

実際の効果は期待できない これは医師という立場と、薄毛に悩みいろいろ試したという立場の双方から言えることですが、市販されている発毛剤や育毛剤のほぼすべてが、医学的根拠がなく、実際の効果も期待できないも …

医療機関でないところが薄毛治療を行うのは日本だけ

国の定める医療機関でないところがCMを流している 薄毛の人をターゲットとした、ヘッドスパなどもよく見かけます。他人に頭を洗ってもらうと、確かに気持ちがいいものです。ヒーリング効果もあるでしょう。しかも …