薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

投稿日:

この手法にはさまざまなリスクがある

薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。

植毛には、自分の後頭部や側頭部の毛を採取して植えつける「自毛植毛」と、人工的につくった毛を植える「人工毛の植毛」があります。自宅植毛は、アメリカなどでは広く行われており、腕のいい医師が施術すればある程度リスクを抑えられます。

お勧めできないのは、人工毛の植毛です。合成繊維でつくった人工の毛を頭皮に埋め込んでいくのですが、この手法にはさまざまなリスクがあります。

人間の体には、体内へ侵入してくるウィルスや細菌などの異物を排除するため、免疫システムが備わっています。人工毛は免疫システムにとっての「異物」。体はどうにかしてそれを外に排除しようとするため毛が抜け落ちやすく、1年で6~7割の人工毛は抜け落ちてしまいますし、アレルギーを起こす人も多くいます。

 

 

また、抜け落ちを遅らせるため人工毛は自然の毛根よりもっと深い位置に毛を差し込むのですが、これもよくありません。人工毛は成長しないため、毛の成長により毛穴から汚れを押し出すことができませんし、人工毛と毛穴の間には隙間が生じるため、より汚れがたまりやすくなりますから、必然的に毛穴には細菌が増えていきます。

その結果、頭皮は最深部まで感染症に冒されやすいような状態になってしまうのです。感染症やアレルギーになると、頭皮は化膿や炎症を起こすとともに、線維化して硬くなり、血行が悪くなります。もともとあった毛もダメージを受け、永久に自分の毛を失うことにもつながります。

頭髪専門のクリニックにも、人工毛の植毛を行ってトラブルに見舞われた患者さんが駆け込んでくるのですが、その頭皮は真っ赤に変色し、痛々しい限りです。化膿や炎症をなくすためには原因である人工毛を抜くしかないのですが、毛穴の中で切れてしまったりしている毛を除去するのは容易ではありません。

人工毛の植毛は、そのリスクからアメリカでは法律で禁止されました。しかし日本では禁止されてはいないため、まだまだ施術しているところもありますから、注意してください。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

「増毛法」から試そうとする人は多い 薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」 …

シャンプーの効能で髪が生えることはない

シャンプーは、あくまで髪の汚れや皮脂を落とすもの 皮脂は、主に髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根のひとつひとつにある皮脂腺から分泌されます。つまり、その役目はむしろ守り手であり、頭皮にとって悪いもの …

太っていると薄毛になりやすいのか

統計的に見ても肥満体型の人が多い 「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多 …

薄毛人口の増加で発毛剤が売れ続けている

発毛効果のない商品が多数存在している? 不景気と呼ばれていますが、現在でも順調に利益を上げている市場があります。 それは、薄毛対策に関する市場です。 とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模 …

発毛・育毛サロンで薄毛は治るのか

それぞれの業者が独自に発案した薄毛対策を行っている 「発毛・育毛サロン」と聞けば、なんだか薄毛の専門家のような気がするでしょう。そもそも「サロン」という言葉のもともとの意味は、広接間や談話室など人が集 …