薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

投稿日:

この手法にはさまざまなリスクがある

薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。

植毛には、自分の後頭部や側頭部の毛を採取して植えつける「自毛植毛」と、人工的につくった毛を植える「人工毛の植毛」があります。自宅植毛は、アメリカなどでは広く行われており、腕のいい医師が施術すればある程度リスクを抑えられます。

お勧めできないのは、人工毛の植毛です。合成繊維でつくった人工の毛を頭皮に埋め込んでいくのですが、この手法にはさまざまなリスクがあります。

人間の体には、体内へ侵入してくるウィルスや細菌などの異物を排除するため、免疫システムが備わっています。人工毛は免疫システムにとっての「異物」。体はどうにかしてそれを外に排除しようとするため毛が抜け落ちやすく、1年で6~7割の人工毛は抜け落ちてしまいますし、アレルギーを起こす人も多くいます。

 

 

また、抜け落ちを遅らせるため人工毛は自然の毛根よりもっと深い位置に毛を差し込むのですが、これもよくありません。人工毛は成長しないため、毛の成長により毛穴から汚れを押し出すことができませんし、人工毛と毛穴の間には隙間が生じるため、より汚れがたまりやすくなりますから、必然的に毛穴には細菌が増えていきます。

その結果、頭皮は最深部まで感染症に冒されやすいような状態になってしまうのです。感染症やアレルギーになると、頭皮は化膿や炎症を起こすとともに、線維化して硬くなり、血行が悪くなります。もともとあった毛もダメージを受け、永久に自分の毛を失うことにもつながります。

頭髪専門のクリニックにも、人工毛の植毛を行ってトラブルに見舞われた患者さんが駆け込んでくるのですが、その頭皮は真っ赤に変色し、痛々しい限りです。化膿や炎症をなくすためには原因である人工毛を抜くしかないのですが、毛穴の中で切れてしまったりしている毛を除去するのは容易ではありません。

人工毛の植毛は、そのリスクからアメリカでは法律で禁止されました。しかし日本では禁止されてはいないため、まだまだ施術しているところもありますから、注意してください。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

医療機関でないところが薄毛治療を行うのは日本だけ

国の定める医療機関でないところがCMを流している 薄毛の人をターゲットとした、ヘッドスパなどもよく見かけます。他人に頭を洗ってもらうと、確かに気持ちがいいものです。ヒーリング効果もあるでしょう。しかも …

発毛・育毛サロンで薄毛は治るのか

それぞれの業者が独自に発案した薄毛対策を行っている 「発毛・育毛サロン」と聞けば、なんだか薄毛の専門家のような気がするでしょう。そもそも「サロン」という言葉のもともとの意味は、広接間や談話室など人が集 …

女性は全員が薄毛を否定しているわけではない

薄毛の男性は優しい印象がある ここで、医師が耳にした薄毛に肯定的な女性の意見も載せておきます。もちろん薄毛は治療してコンプレックス自体を解消するに越したことはないのですが、今現在、悩んでいるあなたに「 …

薄毛に効くというサプリメントで本当に髪が生えるのか

バランスのよい食事で体全体が健康になることが大事 現在では、「育毛サプリ」と呼ばれる商品が多数販売されていますが、育毛サプリをいくら飲んでも、それで直接髪が生えてくることばありません。また、サプリに入 …

発毛・育毛にまつわるトラブルが最近増えている

「発毛」という言葉は医療機関でしか使えない 現在の発毛・育毛業界は、本当に信用できるのでしょうか。。 人の弱みにつけ込んで、コンプレックスを煽り立て、高いお金をとる金儲け主義の企業がごまんといて、薄毛 …