薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛が遺伝するというのは本当か

投稿日:

遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」

「父が薄毛だから自分も危ない」「隔世遺伝するらしく、祖父が薄毛だと自分もくる」

薄毛と遺伝の関係は昔から取りざたされてきました。現代では、薄毛の原因となっている遺伝子がある程度特定されており、病院や専門機関で検査することも可能です。

薄毛になりやすくなる遺伝子は、その80%が母方から受け継がれるものです。父方より母方の親戚を見たほうが、遺伝的に薄毛になりやすいかどうかの目安になりやすいと思います。

しかし、遺伝子をもっていたからといって、必ず薄毛になるわけではありません。遺伝するのはあくまで「薄毛になりやすい体質」であり、薄毛そのものが遺伝することはないのです。

親戚一同が薄毛だとしても、後天的なケアや生活改善、早期治療などで薄毛になることを回避することもできます。逆に、薄毛になりやすい遺伝子をもっていなくとも、不摂生が続いたり、ストレスにさらされ続けたりしていると、薄毛になることもあります。

毛深い人は薄毛になりやすい?

薄毛を遺伝の影響と考える人には、「遺伝だからもう治らない」とあきらめる傾向があります。世に出回っている発毛・育毛の商品に効果はないのですから、そう思い込んでしまうのもしかたないことです。

結局は、遺伝=運命という風な捉え方からそのような心理状態になるのではないかと思います。しかし、遺伝による薄毛も、現代医療では問題なく治療することができますから安心してください。

薄毛遺伝説と同じようによく耳にする説としては「毛深い人は男性ホルモンが多いから薄毛になりやすい」というものがあります。

「男性ホルモンの量が、体毛や頭髪の薄い濃いを決めるのではないか」と考えている人もけっこういるのではないでしょうか。しかし実際は、男性ホルモンの分泌量は、体毛が濃い人も薄い人も、そこまで大きな差はありません。

 

 

薄毛は男性ホルモンの量だけで決まるわけではない

少し詳しく説明しましょう。なぜこのようなイメージがついたのか。これはおそらく1940年代に行われた、I・B・ハミルトンの臨床実験の影響が大きいのではないかと思います。

ハミルトンは、男性ホルモンが薄毛の原因になることを証明するため、次のような実験証明を行いました。

・睾丸を摘出し、男性ホルモンをつくり出せなくなった男性は薄毛にならない。

・脱毛が進行している男性の睾丸を摘出すると薄毛の進行が止まる。

・睾丸を摘出したことで脱毛が止まっていた男性にテストステロンを注射したところ再び薄毛が進行し始めた。

・もともと薄毛の症状がない男性には、睾丸摘出後にテストステロンを注射しても薄毛にはならない。

これらの実験が正しいなら、男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因のひとつになることは確かにわかります。しかし最後の実験では、男性ホルモンの量が増えたからと言って必ずしも薄毛にはならないことが示されています。つまり、薄毛は男性ホルモンの量だけで決まるわけではないということです。

体毛が濃いと薄毛になりやすいかどうか、医学的なはっきりした根拠は今のところ示されていません。ただ、何千人もの薄毛に悩む人と会ってきた医師は、統計的には毛深い人のほうが多いように思っているようです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

皮脂が多い人・少ない人で違う、髪の毛を育てる力

皮脂の分泌能力で髪の毛を育てる力がわかる 育毛専門外来の相談室では、初回のご相談時には頭皮をお湯だけで洗います。お湯だけで洗うのが一番自然で、その方の頭皮の現状が分かるからです。本来の意味でのヘッドス …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

一般的な後天性脱毛症のタイプ:円形脱毛症

③円形脱毛症 突然、円形に髪が抜けてしまう脱毛症です(形は円形とは限りません)。単発性のものは、抜ける箇所は一カ所だけで、80~90パーセントぐらいの人が自然に治ります。多発性になると、抜ける箇所も増 …

子供に多い脱毛症とは

食生活の変化とストレスが原因 子どもと脱毛はあまり結びつかないと思われるかもしれませんが、最近は増えています。病気などによるものではなく、いわゆる”ハゲ”といわれる症状に悩んでいる子どもが、実際に頭髪 …

薄毛改善のためには生活習慣をチェック!①~②

生活習慣も親から受け継がれる 男性の薄毛について説明する中で、「薄毛」そのものではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝するのだと述べました。同時に、「親の生活習慣」も子どもに受け継がれます。 子どもの …