薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 間違っている薄毛対策

太っていると薄毛になりやすいのか

投稿日:

統計的に見ても肥満体型の人が多い

「チビ、デブ、ハゲ」というのは昔から三重苦と言われ、嫌な特徴の代名詞としてひとくくりにされることが多いものです。そのコンプレックスにつけ込み、お金を巻き上げる業者が多いことは事実です。

ただ、身長が低いことは栄養失調や病気などの特殊例を除き完全に遺伝に左右されるものですから、肥満や薄毛とは別の話。医学的に見ても、身長と薄毛との関連を示すデータはなく、そのような統計も私は知りませんので、ひとくくりにするには無理があります。

問題は、肥満と薄毛の関係について。ネットを見る限りでは、世の中的にも「デブにはハゲが多い」という認識が流布しているようです。実は、ある頭髪専門の医師も、以前は「デブでハゲ」でしたから、そのような嘲笑を受けるつらさはよくわかっています。

コンプレックスにかかわることでもありますから、「それは誤解だ」と断言し、悩んでいる人を勇気づけたいのはやまやまですが、残念ながら両者には関連がありそうだと医師は感じています。

肥満体型になってくると、血圧が上がり、高血圧になります。これは、全身の末梢血管が圧迫されることで、太い血管の血圧が上がることが理由です。

 

 

高血圧は抜け毛の原因となると考えられており、事実、高血圧の薬で薄毛を治療することができます。また、太ると脂肪に血液が回るようになり、髪には栄養が届きづらくなるため、毛根はどうしても退化してしまうでしょう。

その他、日常において運動をしていなかったり、不規則な生活を送っていたりしていることが肥満になる理由ですが、それは髪に悪影響を与えることと重なる部分が多くあります。

肥満と薄毛の関係について、正式な医学的根拠を示した研究は今のところありませんから、推察の域を出ませんが、医師が会った患者さんを統計的に見ても、やはり肥満体型の方が多いようです。ちなみに、薄毛になったことがきっかけで肥満体型になることもあります。

若くして薄毛になると特にそうですが、やはり気になるのが女性の目。薄毛だとどうしても女性に対して気おくれしてしまうかもしれません。

女性は、薄毛についてどのように考えているのか。その一端が垣間見えるのが、「AGA対策プロジェクト」という団体が行った20代から50代までの女性1000人へのアンケート調査です。

それによると「あなたの彼氏または夫(いない人はいると仮定して)が薄毛か、薄毛ではないかどちらがいいですか?」という直球な質問に対して、「薄毛でないほうがいい」と答えた人は77・4%、「薄毛でもいい」は22・6%という回答がありました。

 

 

女性の4人にひとりは薄毛に寛容

また、「男性が何歳くらいであれば薄毛になっていてもおかしくないと思いますか」と聞いたところ、全体の平均は45・7歳で、世代別で見ても40代と答えた人が多かったそうです。薄毛に悩む男性にとっては厳しい意見に感じるかもしれませんが、4人にひとりは薄毛に寛容であるという見方もできるでしょう。

また、「男性が薄毛対策をしていることを応援できますか」と聞いたところ、92・9%が「応援できる」と回答。「薄毛対策として応援できること」の具体的な方法に関しては「育毛剤」(88・3%)と答えた人がトップで、次いで「シャンプーなどの医薬部外品」(81・6%)、「病院での治療」(63・2%)と続きます。一方「カツラ」(21・6%)や「髪型でごまかす」(29・3%)ことを支持している人は少ないという結果となったそうです。

AGAになることがない女性にとっては、やはりテレビなどのCMでおなじみの育毛剤や医薬部外品での対策がメジャーなのは仕方がないところですが、いずれにせよ男性が対策を講じることに対して、かなり肯定的であると言えそうです。

自分の結婚相手やおつき合いしている女性が、男性のために「きれいになろう」と思い立ってダイエットに励んだり、エステに通ったりと努力している姿を見ることは、男性にとってうれしいことではないでしょうか。逆に、薄毛が気になる女性にとっても、男性が自分のために「薄毛を治そう」と努力している姿は、好ましく映るということかもしれません。

→女性は全員が薄毛を否定しているわけではない

 

 

-薄毛について, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

茶髪は薄毛・抜け毛の原因になるのか

はっきりいって頭髪にいいものではない 髪を金色や茶色に染めた、いわゆる”茶髪”が若い人の間ではやりはじめたのは、20年くらい前からでしょうか。黒や焦げ茶系に見慣れている日本人の目から見れば、金髪という …

「増毛法」は、カツラを買わせるための手段でしかない

「増毛法」から試そうとする人は多い 薄毛対策でもっともメジャーなもののひとつであるカツラですが、カツラ業界にも、金儲けのからくりが存在します。カツラを扱う会社は、大手であればほとんどのところが「増毛」 …

シャンプーの効能で髪が生えることはない

シャンプーは、あくまで髪の汚れや皮脂を落とすもの 皮脂は、主に髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根のひとつひとつにある皮脂腺から分泌されます。つまり、その役目はむしろ守り手であり、頭皮にとって悪いもの …

皮脂が多い人・少ない人で違う、髪の毛を育てる力

皮脂の分泌能力で髪の毛を育てる力がわかる 育毛専門外来の相談室では、初回のご相談時には頭皮をお湯だけで洗います。お湯だけで洗うのが一番自然で、その方の頭皮の現状が分かるからです。本来の意味でのヘッドス …

ストレスで薄毛は進行するのでしょうか

ストレスがなくなると再び発毛するのか ストレスと薄毛には、密接な関係があります。ストレスが引き金となり円形脱毛症が起きることなども、ストレスと抜け毛の関係性を示唆しています。 ストレスで薄毛が進行する …