薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛改善体験談 間違っている薄毛対策

40代前半男性、薄毛の悩みと対策

投稿日:

何より鏡を見るのが嫌だった

30半ばに差しかかった頃から、薄毛が気になるようになりました。シャンプーをすると、排水口が真っ黒になるくらい毎日毛が抜けるようになり、頭を手ぐしで撫でたときにも明らかに髪が減っている感じがしたのです。

もともとねこっ毛であることもあり、鏡で見ると髪の間から地肌が見えるのですが、その面積も明らかに増え、なんだかすかすかしてきていました。

最初は「ああ、もうそういう歳になったのか。でもまさかハゲはしないだろう」と気楽に考えていたのですが、どんどん薄毛になっていくにつれ、「どうやら自分は、いわゆるハゲになりつつある」と現実を受け入れる他ありませんでした。

私は長髪が好きで、20代からファッションとしてこだわり続けてきましたから、もう20年以上、髪を短くしたことがありません。長髪でない自分は考えられないのですが、そういう中で自分が次第に薄毛になっていく感覚というのは本当につらいもので、このままではもう長髪を保てないのではないかと不安に駆られていました。

 

 

私にとって髪の毛は、大切なアイデンティティーのひとつであり、それがなくなっていくことは、かなりきつい体験だったのです。

周囲の人から「薄毛になった」という直接的な指摘を受けたことはないのですが、あっという間に薄毛が進行してきたので、みんな口にせずとも「薄くなってきた」と思っていたはずです。久しぶりに会う友人と飲みに行ったりすると、やはり頭に目線を感じる瞬間がありました。

外に出歩けば、すれ違う人たちが自分の頭を見ているように感じました。「あいつ、長髪なのにハゲてるよ。みっともないなあ。未練がましいなあ」。そんな風な目で見られていると思い込み、次第に外出が苦痛になりました。帽子を被ることも増えましたが、長髪で帽子を被るとやはり暑く、夏はべっとりして不快でした。

何より鏡を見るのが嫌でした。そこに写っているのが、自分だとは認めたくありませんでした。

 

 

大手の発毛、育毛は試せなかった

そもそも、薄毛は治らないものだと考えていました。市販の育毛剤やシャンプーは確かに気になりましたが、一方で「そんなもので治るわけがない。使って治る商品があったら、この世から薄毛はいなくなっている」とも思っていたため、あまり積極的には使いませんでした。

「生えてくることはもう難しいとしても、せめて現状維持につながる対策があればいい」ということでいろいろ調べてはいたのですが、理屈っぽいところがある自分にとって、どうも大手企業の発毛や育毛、増毛法は根拠があいまいな感じがしましたし、料金もとても手軽に払える額ではなかったため、試す機会はありませんでした。

何より、「コンテスト」と言って薄毛をショーのようにして、感動するような話として煽り立てるような会社が、本当に自分個人の薄毛の悩みと向き合ってくれるのか、信用することができなかったのです。

(40代男性)

 

 

-薄毛改善体験談, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

女性は全員が薄毛を否定しているわけではない

薄毛の男性は優しい印象がある ここで、医師が耳にした薄毛に肯定的な女性の意見も載せておきます。もちろん薄毛は治療してコンプレックス自体を解消するに越したことはないのですが、今現在、悩んでいるあなたに「 …

シャンプーの効能で髪が生えることはない

シャンプーは、あくまで髪の汚れや皮脂を落とすもの 皮脂は、主に髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根のひとつひとつにある皮脂腺から分泌されます。つまり、その役目はむしろ守り手であり、頭皮にとって悪いもの …

不眠解消のために飲んだ黒ゴマ酒で黒髪が増えてきた

黒ゴマ酒を飲んだら白髪がへり血圧が下がった宮城県 47歳 主婦の方の体験談です。 すぐに眠りにつけるようになりました 10年ほど前に、私は不眠に悩むようになりました。また、不眠のせいなのか、ストレスの …

薄毛人口の増加で発毛剤が売れ続けている

発毛効果のない商品が多数存在している? 不景気と呼ばれていますが、現在でも順調に利益を上げている市場があります。 それは、薄毛対策に関する市場です。 とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模 …

天然成分配合のクレソンシャンプーに替えたらパサパサの髪が大改善!

大量だった抜け毛の量も減った静岡県 43歳 会社員 女性の方の体験談です。 火がつきそうなほど髪がパサパサだった 生まれつき、私の髪は細くてクセがとても強いのです。そのせいで、小さいころから髪をきれい …