薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛改善体験談 間違っている薄毛対策

40代前半男性、薄毛の悩みと対策

投稿日:

何より鏡を見るのが嫌だった

30半ばに差しかかった頃から、薄毛が気になるようになりました。シャンプーをすると、排水口が真っ黒になるくらい毎日毛が抜けるようになり、頭を手ぐしで撫でたときにも明らかに髪が減っている感じがしたのです。

もともとねこっ毛であることもあり、鏡で見ると髪の間から地肌が見えるのですが、その面積も明らかに増え、なんだかすかすかしてきていました。

最初は「ああ、もうそういう歳になったのか。でもまさかハゲはしないだろう」と気楽に考えていたのですが、どんどん薄毛になっていくにつれ、「どうやら自分は、いわゆるハゲになりつつある」と現実を受け入れる他ありませんでした。

私は長髪が好きで、20代からファッションとしてこだわり続けてきましたから、もう20年以上、髪を短くしたことがありません。長髪でない自分は考えられないのですが、そういう中で自分が次第に薄毛になっていく感覚というのは本当につらいもので、このままではもう長髪を保てないのではないかと不安に駆られていました。

 

 

私にとって髪の毛は、大切なアイデンティティーのひとつであり、それがなくなっていくことは、かなりきつい体験だったのです。

周囲の人から「薄毛になった」という直接的な指摘を受けたことはないのですが、あっという間に薄毛が進行してきたので、みんな口にせずとも「薄くなってきた」と思っていたはずです。久しぶりに会う友人と飲みに行ったりすると、やはり頭に目線を感じる瞬間がありました。

外に出歩けば、すれ違う人たちが自分の頭を見ているように感じました。「あいつ、長髪なのにハゲてるよ。みっともないなあ。未練がましいなあ」。そんな風な目で見られていると思い込み、次第に外出が苦痛になりました。帽子を被ることも増えましたが、長髪で帽子を被るとやはり暑く、夏はべっとりして不快でした。

何より鏡を見るのが嫌でした。そこに写っているのが、自分だとは認めたくありませんでした。

 

 

大手の発毛、育毛は試せなかった

そもそも、薄毛は治らないものだと考えていました。市販の育毛剤やシャンプーは確かに気になりましたが、一方で「そんなもので治るわけがない。使って治る商品があったら、この世から薄毛はいなくなっている」とも思っていたため、あまり積極的には使いませんでした。

「生えてくることはもう難しいとしても、せめて現状維持につながる対策があればいい」ということでいろいろ調べてはいたのですが、理屈っぽいところがある自分にとって、どうも大手企業の発毛や育毛、増毛法は根拠があいまいな感じがしましたし、料金もとても手軽に払える額ではなかったため、試す機会はありませんでした。

何より、「コンテスト」と言って薄毛をショーのようにして、感動するような話として煽り立てるような会社が、本当に自分個人の薄毛の悩みと向き合ってくれるのか、信用することができなかったのです。

(40代男性)

 

 

-薄毛改善体験談, 間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

黒ゴマを食べ続けたら髪がふえてきて驚いた

黒ゴマご飯で黒い産毛が生え頭頂部が光らなくなった北海道 53歳 会社員 男性の方の体験談です。 あらゆる育毛剤を試してみた 私は38歳のときに職場が替わり、さらに役職に就くことになりました。全く環境の …

毎朝飲んでいる「アーモンドスープ」のおかげで髪の毛は元気

定年から飲み始めたアーモンドスープで髪が増え元気になった神奈川県 62歳 アルバイト 男性の方の体験談です。 白髪は教本あるだけ!多すぎて困る毛量を維持 同年輩の人たちと比べると、明らかに私が勝ってい …

頭皮のマッサージはやり方を間違えると髪の毛が無くなります

マッサージの目的を勘違いしないように 「頭皮が柔らかいと良いと聞いたので、マッサージで頭皮を柔らかくしました」といった方の頭皮を見たことがあります。毛は産毛かそれに近いくらいにしか伸びていませんでした …

朝晩の「きな粉ドリンク」で抜け毛が減り髪が黒くなってきた

地肌が見えるほどの薄毛が改善した東京都 62歳 フリーライター 男性の方の体験談です。 見るも無残な頭皮に大ショックを受けた あれは、2年ほど前のことです。ジーンズを買いに行ったユニクロで、試着室に入 …

毎日のヘアケアが問題

「皮脂を取ることが必要だ」と勘違い 「皮脂を取り過ぎるようなシャンプーで、皮脂を取り過ぎるようなシャンプー法を採っていると毛を無くす」 頭髪専門の医師が、このことを記述して第1回目のメールマガジンを配 …