薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


間違っている薄毛対策

30代から頭部が薄くなってきた男性

投稿日:

髪の毛がなくなるだけで、こんなにも人生が違うんだな

30代半ばから頭頂部が薄くなっていき、職場でも「なんだか髪が薄くなったね」と言われるようになりました。「枕元にすごい数の毛が落ちてるよ」と妻に言われたことも、薄毛を意識し始めたきっかけです。最初は「ついにきたか」という感じでした。親戚にも薄毛の人がいたので、もしかしてという思いはありました。

一番嫌だったのは、歳より老けて見られることです。営業関係の仕事をしているのですが、30代後半なのに「50歳くらい?」と言われたりすると、さすがに落ち込みました。妻もどんどん薄毛になっていく私を、次第に冷めた目で眺めるようになってきたと感じ、「髪の毛がなくなるだけで、こんなにも人生が違うんだな」と落ち込みました。

48歳になるときに、「50歳までにやる3つのこと」という目標を立てました。そのうちのひとつが、薄毛を治すということでした。薄毛がずっと気になりつつも、子育てや仕事の忙しさもあって本格的な治療をしないまま髪が抜けるに任せていたことは、私にとって心にとげのように引っかかっていたことでした。子どもも手を離れ、時間に余裕ができた今こそ、薄毛と向き合おうと決めたのです。

 

 

病院でもらった薬でめまいが

30代後半では、医薬品である育毛剤を使っていました。使い始めて3カ月で抜け毛が減り、6カ月でほとんど抜けなくなりましたが、その後は使い続けてもまた抜け毛が始まり、もとの状態に戻ってしまいました。

発毛サロンにも行ってみて、頭の皮脂を吸いとるような治療を受けましたが、あまり効果があったとは言えません。家では、美容室で勧められた育毛シャンプーを使っていましたが、効果は感じられませんでした。

39歳のときには病院に行き、薬を処方してもらったのですが、飲み始めと同じ時期からめまいが起きるようになりました。原因はわからないのですが、タイミングが一緒だったことで「もしかすると薬のせいかも」と想像し、飲むのをやめてしまいました。

 

 

-間違っている薄毛対策

執筆者:

関連記事

頭皮のマッサージはやり方を間違えると髪の毛が無くなります

マッサージの目的を勘違いしないように 「頭皮が柔らかいと良いと聞いたので、マッサージで頭皮を柔らかくしました」といった方の頭皮を見たことがあります。毛は産毛かそれに近いくらいにしか伸びていませんでした …

40代前半男性、薄毛の悩みと対策

何より鏡を見るのが嫌だった 30半ばに差しかかった頃から、薄毛が気になるようになりました。シャンプーをすると、排水口が真っ黒になるくらい毎日毛が抜けるようになり、頭を手ぐしで撫でたときにも明らかに髪が …

薄毛の対策としての植毛は安全なのか

この手法にはさまざまなリスクがある 薄毛が気になる部分に直接毛を植えつける、植毛。直接毛を構えていくわけですから、施術がうまくいけば、植えたところは黒くなり見た目も変わるでしょう。 植毛には、自分の後 …

頭皮マッサージは薄毛対策になるのか

「やらないよりはマシ」というレベル 頭皮マッサージは、ヘアケアの定番とも言える方法です。世の中にはさまざまなマッサージ法があり、薄毛に悩む人の関心の高い事柄です。 頭皮マッサージが効くという説は、「血 …

薄毛人口の増加で発毛剤が売れ続けている

発毛効果のない商品が多数存在している? 不景気と呼ばれていますが、現在でも順調に利益を上げている市場があります。 それは、薄毛対策に関する市場です。 とある近年の調査によれば、日本のヘアケア市場の規模 …