薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

頭皮は3つの層からできている

投稿日:

髪は頭皮の皮膚細胞が変化したもの

髪は頭皮から生えていますが、もともとは頭皮部分の皮膚細胞が毛乳頭や毛母細胞に変化したものです。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層と毛・爪・汗腺などの付属器官によってできています。一般的に私たちが皮膚と思っているのは、「表皮」と呼ばれる部分で、表皮は、下から基底層・有棘層(ゆうきょくそう)・顆粒層・透明層(てのひら・足裏のみ)・角質層に分かれています。

それぞれについて簡単に説明しておきましょう。

①表皮

1-基底層

円柱状の細胞が、横一列に並んでいます。ここに含まれているメラニンが、外からの刺激によって皮膚の色を変えていきます。日焼けをすると皮膚が黒くなるのは、そのためです。また、この層では、たえず細胞分裂を繰り返し、新しい細胞がつくりだされています。

2-有棘層

有棘層は表皮の中で最も厚い部分で、向きがバラバラな円柱状と紡錘形の細胞がつながって、何段かの層をつくっています。横から見ると、層は波形をしており、いちばん高い部分はなんと10層あるほどです。この細胞と細胞の間にはリンパ液が流れていて、各部に栄養を与えています。

3-顆粒層

紡錘形の細胞が、一層か二層になってできています。ここにある細胞は、基底層の細胞分裂によって押し上げられた細胞で、角質細胞になる前の段階のものです。

 

 

4-透明層

てのひら・足裏だけにある層で、薄くて透明です。

5-角質層

薄い板状の層が積み重なってできています。細胞分裂によって押し上げられた細胞は、この層に来るまでに徐々に水分が失われていきます。いわゆるフケやアカは、表皮のいちばん外側の角質層からはがれ落ちたものです。

②真皮

表皮と皮下組織の間にあり、表皮を屋根、皮下組織を土台と考えれば、柱の役割を果たしているといえるでしょう。コラーゲンやエラステンが含まれ、女性が気にする深いしわは、コラーゲンが減少することによって生まれます。

乳頭層、乳頭下層、網状層の三層からなり、血管・リンパ管・神経が張り巡らされています。また、皮脂腺・汗腺・毛・毛嚢も真皮に含まれるものです。

③皮下組織

皮下組織は筋肉と骨の間にあり、脂肪分を多く含んでいます。この部分の脂肪が増えれば、体はそれだけ丸くなります。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

ヘアスタイルを上手に楽しもう

現在の若者にとって、ヘアスタイルもヘアカラーも自分を主張する魅力のポイントとなっています。今や、男女を問わず、パーマ、カラーリングは特別なことではなくなり、ファッションの一つとしてすっかり定着した感が …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

髪の色のもととなるのは「メラニン」

メラニンの行き先は決まっている 日本人の髪の色は、ほとんどが濃い茶色か黒色ですが、世界を見渡せば、黒髪以外にも、自、赤、ブロンド、プラチナなど、さまざまな色の髪の人がいます。 かつては、「髪はカラスの …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …