薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

頭皮をチェックして髪の健康度もチェック!

投稿日:

頭皮に関して無関心な人が多い

髪については、枝毛が増えたとか、少しパサついてきたなどと日ごろから気にする人は多いでしょうが、頭皮については皆さんわりと無関心です。髪がすくすくと健康に伸びるには、頭皮の下で毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返している必要があるわけで、頭皮をチェックすることで、髪の健康度もチェックできます。

まず、両手の指を頭にあてて、腹の部分で頭皮全体を前後に押してみてください。軽く動けば問題はありませんが、固くて動かないようでは脱毛の危険性が高いと考えられます。

もうひとつ、頭頂部分にある「百会(ひゃくえ)」というツボを中指の腹で強く押してみて、どのように感じる
かによって、頭皮と髪の健康状態をチェックできます。

①気持ちがいい

頭皮の感触がゴムのように弾力性があって、厚みを感じるようであれば、頭皮の健康状態は良好。血液の流れもよく、神経がちゃんと働いている証拠です。

②痛い

これは、危険信号です。ドロドロになった血液が頭皮にたまっている可能性があります。頭皮に送られてきた血液は、栄養素を届けて、老廃物や疲労物質を速やかに返すことが必要で、これがとどこおると問題が起きます。

 

 

③ガチガチに固い

指で押すと、まるで石のように固い場合は、髪が薄くなる人に多い状態です。健康な髪を生やすためには、毛乳頭と毛母細胞だけの問題ではなく、頭皮全体がすこやかであることが必要なのです。

毛細血管や末梢神経はもちろん、すべての皮下組織が正常に機能するためには、頭皮が圧迫され、固くなっているのは最悪の状態と考えられます。

④弾力がなくてブヨブヨしている

指がグーッと入っていくような感じがしたら、かなり要注意です。リンパの流れや血液の流れが非常に悪くなっていると考えられ、これは、髪の成長によくない状態といえます。

よくわからないという人は、試しに髪をブラッシングしてみてください。ブラッシングで髪が抜けるときに、プチッと音がして手応えがあったにもかかわらず、痛みがまったくなければ、頭皮の状態が悪化している可能性が高いといえます。

これは、新陳代謝がいちじるしく損なわれて、血液やリンパ液が還流せずにとどこおっていることによります。そして、末梢神経の働きはマヒ状態となり、痛みや温度、その他を感じにくくなっているのです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

アレルギー体質の人は育毛剤や発毛剤の使用に注意が必要

皮脂の分泌が少ないと外部からの影響を受けやすい 頭皮の相談室に来られる人・相談メールをいただく人・お電話でご相談される方、これらの方々の体質をお聞きすると、約7割が何らかのアレルギーを持っていらっしゃ …

髪をすくすくと伸ばすには、皮脂は多すぎても少なすぎてもいけない

男性のほうが皮脂の分泌量が多い かつてはニキビや吹き出物は青春のシンボルのようにいわれましたが、最近は、脂ぎってギトギトしている人は異性に敬遠されるせいか、女性はもちろん、若い男性までもが顔のTゾーン …

髪の色のもととなるのは「メラニン」

メラニンの行き先は決まっている 日本人の髪の色は、ほとんどが濃い茶色か黒色ですが、世界を見渡せば、黒髪以外にも、自、赤、ブロンド、プラチナなど、さまざまな色の髪の人がいます。 かつては、「髪はカラスの …

毛穴の数は生まれつき決まっている

見た目が薄い場合は、一本一本の髪を太く 日本人の場合、成人した人の髪の本数は、10万本前後といわれています。1平方cmに生えている髪の本数はざっと150本。髪の生えている面積が700平方cmとすれば、 …