薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪の毛の99%はタンパク質で出来ている

投稿日:

アルカリには弱い

タバコに火をつけようとした際、炎が大きすぎて間違って髪をこがしてしまった経験のある人ならわかると思うのですが、そのとき、温泉の硫黄臭のような臭いがしたと思います。これは、髪の主成分であるタンパク質に硫黄が4~5%含まれているからです。

髪の99パーセントは、ケラチンというタンパク質で構成されています。

ケラチンの中身を見てみると、グルタミン酸、シスチン、ロイシン酸など18種類ものアミノ酸が結合されてつくられるほか、先に挙げた硫黄や微量のミネラル、有機酸が含まれています。

このうち、硫黄を含む含硫アミノ酸の一つであるシスチンは、髪に含まれているメチオニンからも合成されますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸のため、毎日の食事でこれらを含んだタンパク質を摂らなければなりません。

含硫アミノ酸を含む食物は、大豆・小麦粉(全粒粉)・牛乳・レバー・玉子・肉・魚などです。ダイエットのしすぎで栄養失調になると、脱毛しやすいなど髪に変調を来すのも、タンパク質が不足するからです。

ケラチンの中に約14~16%含まれているシスチンは、他のケラチンのシスチンと化学結合してケラチン同士を結びつける役割を果たしており、髪の固さや弾力性のもとになつています。

なお、タンパク質から成る髪は、酸や熱にはわりあい強いのですが、アルカリには弱いという性質をもっています。アルカリ成分の強いもので髪を洗うのはあまりよくないということです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

毛根が仮死状態になっても髪を取り戻すことが可能に?

仮死状態を回復させてやる 病気への対処は、まず予防があり、それがダメなら早期発見・早期治療、それを過ぎた場合は手術などの根本治療ということになります。脱毛症も同じで、頭髪が危なくなる前に、ストレスをた …

頭皮は3つの層からできている

髪は頭皮の皮膚細胞が変化したもの 髪は頭皮から生えていますが、もともとは頭皮部分の皮膚細胞が毛乳頭や毛母細胞に変化したものです。 皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層と毛・爪・汗腺などの付属器官によって …

体中に行き渡った栄養が最後には髪にも回ってくる

わざと食べないのは人間くらい 日本人は戦後、厚生省(当時)が一時期1日80g以上の動物性タンパク質が必要であると奨励したこともあり、魚や肉の動物性タンパク質を多く摂る欧米風の食生活に変わりました。タン …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

髪を健康に保つ「食生活」「生活習慣」「生活環境」

ストレスは健康にとって大敵 ①バランスよく栄養を摂ろう~食生活 毛母細胞は毛乳頭から、またその先は血液から栄養を摂取して活発な細胞分裂を繰り返し、髪が成長をとげています。それだけに、食生活は体の健康と …