薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪の毛の99%はタンパク質で出来ている

投稿日:

アルカリには弱い

タバコに火をつけようとした際、炎が大きすぎて間違って髪をこがしてしまった経験のある人ならわかると思うのですが、そのとき、温泉の硫黄臭のような臭いがしたと思います。これは、髪の主成分であるタンパク質に硫黄が4~5%含まれているからです。

髪の99パーセントは、ケラチンというタンパク質で構成されています。

ケラチンの中身を見てみると、グルタミン酸、シスチン、ロイシン酸など18種類ものアミノ酸が結合されてつくられるほか、先に挙げた硫黄や微量のミネラル、有機酸が含まれています。

このうち、硫黄を含む含硫アミノ酸の一つであるシスチンは、髪に含まれているメチオニンからも合成されますが、メチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸のため、毎日の食事でこれらを含んだタンパク質を摂らなければなりません。

含硫アミノ酸を含む食物は、大豆・小麦粉(全粒粉)・牛乳・レバー・玉子・肉・魚などです。ダイエットのしすぎで栄養失調になると、脱毛しやすいなど髪に変調を来すのも、タンパク質が不足するからです。

ケラチンの中に約14~16%含まれているシスチンは、他のケラチンのシスチンと化学結合してケラチン同士を結びつける役割を果たしており、髪の固さや弾力性のもとになつています。

なお、タンパク質から成る髪は、酸や熱にはわりあい強いのですが、アルカリには弱いという性質をもっています。アルカリ成分の強いもので髪を洗うのはあまりよくないということです。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛は引っ張れば1.5倍くらい伸びる

寝ぐせが強い人は髪の毛が強い 髪の伸長率や強度についてもお話ししておきましょう。 髪の伸長率の実験をしたところ、45~55パーセントも伸びたといいます。ざっと1.5倍ですから、力を加えれば、かなりのと …

脱毛症とは

脱毛はさまざまな原因によって起こる 20歳を過ぎれば、誰しも老化が始まります。新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなっていきます。老化が進むことば、誰しも避けられません。 若さと美を追い求める女性 …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう③~⑤

③根元がおたまじゃくしの尻尾のよう 粃糠性脱毛症のおそれがあります。批糠とはフケであり、頭皮の角片です。エアコンをつけつばなしの部屋、空気が乾燥した冬場などでは、頭皮が水分不足を起こし、角質層の細胞が …

髪の色のもととなるのは「メラニン」

メラニンの行き先は決まっている 日本人の髪の色は、ほとんどが濃い茶色か黒色ですが、世界を見渡せば、黒髪以外にも、自、赤、ブロンド、プラチナなど、さまざまな色の髪の人がいます。 かつては、「髪はカラスの …