薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪に含まれる水分は12%

投稿日:

普通の髪が生えてくればパサついた髪にはならない

健康な髪はしっとりしなやかで、ツヤツヤとしています。これは、保湿機能が健全で、水分を十分に含んでいるからです。反対に、傷んでパサパサになった髪は、水分が少なくなってしまっています。枝毛や切れ毛になりやすいのは、こういう髪です。

長く伸ばした人、カラーリングをしている人やパーマをかけている人の中には、枝毛や切れ毛が目立つ人もいます。髪に十分な栄養が行き渡っていなかったり、液剤が毛小皮に影響を与えることで傷んでしまい、髪の保湿機能が弱ってしまったからにほかなりません。

髪をしなやかにするために、保湿機能のあるアオニン系のカチオンを活性剤として入れたシャンプー剤がありますが、それはいわば体裁を整えただけであって、根本的な解決にはなりません。大事なのは、毛根を元気にすることです。

毛根がなんらかの理由で不調のため、髪がツヤをなくし、水分も減っていて、切れやすくなったり、枝毛が増えたりしているのです。つまり、毛のパサつきは、基本的に毛根周辺のエネルギーが低下しているあらわれといえます。

保湿機能にすぐれたものを髪に塗るというのは、あくまで対症療法にすぎず、やはり毛根を活性化させて根本的な解決をはかっていくほうが望ましいでしょう。

 

 

しっかりとした普通の髪が生えてくれば、パサついた髪にはなりません。では、水分が減り、髪にパサつきが出てきたら、脱毛に至るかといえば、「イエス」とも「ノー」とも言い切れません。パサつきと脱毛の関係は、くしゃみと風邪の関係に似ています。

ある日突然、くしゃみをした。だからといって、大風邪を引いたとはかぎりません。単に鼻腔が刺激されただけなのかもしれませんし、風邪を引く前兆や引き始めかもしれないからです。ただし、偶然の場合はともかくとして、くしゃみが出るのは、風邪の症状がゼロではないといえます。

やがて、鼻水が出たり、ノドが痛くなったり、発熱して、本格的な風邪の症状へと進んでいくことは十分にありうるわけです。

同様に、水分不足によるパサつきは、すぐには脱毛に至らなくとも、髪が少しよくない状態にあると考えられます。そのまま放置しておけば、遠からず脱毛症になる可能性は高いわけで、早めに健康な髪を取り戻すようおすすめします。

 

 

また、髪に水分が必要だからといって、頭皮の汗を放っておくのは大問題です。毛穴に汚れがたまってしまい、抜け毛の原因になってしまいます。頭皮は清潔にしておかなければなりません。

髪は湿度の変化に非常に敏感です。この性質を利用して髪の湿度をはかる機械があります。健康な髪の水分は、湿度が65~75%の場合、12%前後です。髪が傷んでいると、数値は10%以下になります。最大吸水量は35%にまでなるといわれます。

熱に対しては、比較的強い性質を持っています。120度では性質はほとんど変化しませんが、140度くらいから徐々に変わってきます。まず初めに、毛髄質の中の気泡が膨らんできます。180度を超えると毛皮質にも同じような変化が現れ、200~240度に達すると気泡の一部が破裂、270度以上で炭化するといわれます。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

髪の毛は引っ張れば1.5倍くらい伸びる

寝ぐせが強い人は髪の毛が強い 髪の伸長率や強度についてもお話ししておきましょう。 髪の伸長率の実験をしたところ、45~55パーセントも伸びたといいます。ざっと1.5倍ですから、力を加えれば、かなりのと …

脱毛症とは

脱毛はさまざまな原因によって起こる 20歳を過ぎれば、誰しも老化が始まります。新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなっていきます。老化が進むことば、誰しも避けられません。 若さと美を追い求める女性 …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

髪の毛の99%はタンパク質で出来ている

アルカリには弱い タバコに火をつけようとした際、炎が大きすぎて間違って髪をこがしてしまった経験のある人ならわかると思うのですが、そのとき、温泉の硫黄臭のような臭いがしたと思います。これは、髪の主成分で …

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう③~⑤

③根元がおたまじゃくしの尻尾のよう 粃糠性脱毛症のおそれがあります。批糠とはフケであり、頭皮の角片です。エアコンをつけつばなしの部屋、空気が乾燥した冬場などでは、頭皮が水分不足を起こし、角質層の細胞が …