薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

脱毛症とは

投稿日:

脱毛はさまざまな原因によって起こる

20歳を過ぎれば、誰しも老化が始まります。新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなっていきます。老化が進むことば、誰しも避けられません。

若さと美を追い求める女性は、スキンケアやエステなどによって、老化のスピードを遅らせようと頑張っています。そして、それらを上手に活用すれば、かなり老化を遅らせることが可能になっています。髪も同じように、正しいケアと健康的な生活によって、その寿命を延ばすことができます。

脱毛はさまざまな原因によって起こり、それによって症状を細かく分類することができます。脱毛症はまず、先天性と後天性の二つに大きく分けられます。先天性のものには、生まれながらに体毛がまったく生えていない人もいます。あるいは、病気やその治療によって、脱毛症を起こしている場合もあります。

先天性、後天性の脱毛症について、いくつか詳しくみていきます。

 

 

①先天性無毛症

眉毛やまつ毛にかぎらず、髪が生えるには、遺伝子にその情報が書き込まれていなければなりません。ところが、数十万人に一人という割合で、そうした遺伝子を持たないケースがあります。自身で体毛を生やす遺伝情報をもたないため、まったくの無毛状態です。

②瘢痕性脱毛症

重度のやけどや、事故などで頭皮がひどく傷つくことによる脱毛です。毛根周辺の細胞が消失、壊滅してしまうと、髪が生えてくることはありません。

③症候性脱毛症

インフルエンザによる高熱、伝染病や中毒などが、脱毛の原因になることがあります。あっという間に抜け落ちていき、一週間前後で髪だけでなく体中の毛が抜けてしまうケースもあります。

病気が治れば、自然に回復してくる場合がほとんどです。しかし、なかにはそのまま生えてこなくなるケースもあります。

④薬物性脱毛症

抗ガン剤など、副作用の大きな薬品を服用しているときに起こります。ガン細胞は分裂のスピードが非常に速いのが特徴です。それを利用して、薬は分裂の速い細胞を破壊するようにつくられています。そのため、活発に分裂を繰り返す毛母細胞も標的になってしまうのです。

長期間にわたって服用を続けていると、やがて髪が全部抜けてしまうということもあります。服用を止めたときから、徐々に髪が復活する場合と復活しない場合とがあります。

⑤トリコチロマ二-

不安を感じたり、ひどく緊張したとき、爪をかむ、知らず知らずのうちに体を揺らすなど、癖を持っている人はたくさんいます。同じように、情緒不安定や精神的不安から、自分の髪を無意識に引き抜いてしまう人がいます。これを繰り返していると、髪が生えてこなくなつてしまいます。

無意識にやるからこそ癖であり、止めるのは難しいかもしれません。治すには、心の問題を解決することも必要です。

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

皮脂を取ると育毛環境が悪くなる

皮脂を取とるケアはマイナス面が大きい 育毛を指導している先生に「皮脂(皮膚を覆っている脂)を取るケアはマイナス面が大きく、頭皮の育毛環境を悪くする」と教えてもらいました。 医師に相談している方のほとん …

ヘアスタイルを上手に楽しもう

現在の若者にとって、ヘアスタイルもヘアカラーも自分を主張する魅力のポイントとなっています。今や、男女を問わず、パーマ、カラーリングは特別なことではなくなり、ファッションの一つとしてすっかり定着した感が …

抜け毛の毛根を拡大してみると症状がわかる

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう シャンプーのあと、排水口にたまった抜け毛の多さに、「ひょっとして」と思わず不安になって感じた人はけっこう多いのではないでしょうか。頭髪専門のクリニックにも、「抜 …

日本人の髪は太くて真っすぐ

形状の違いは、紫外線の量も影響している 日本人は欧米人に比べて直毛が多く、その断面は丸くて、ウエーブのかかった髪よりも太いのです。もっとも、太い・細いといっても、道を歩いていて、あの人の髪は太い、こち …

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …