薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

一般的な後天性脱毛症のタイプ

投稿日:

髪が薄くなった人を見てみると、さまざまなタイプがあるのがわかります。額がどんどん広がって、前頭部から脱毛が進んでいる人、河童のように頭のてっぺんに髪のない人、髪がまばらになってしまった人、小さな丸い形で地肌が見えている人…。

原因が異なれば、脱毛のタイプも変わってきます。一般的に多いのは男性型脱毛症ですが、ほかにも次のようなものがあります。

①脂漏性脱毛症

夜、シャンプーしても、朝起きるころには、頭皮が皮脂でぎらついているといった、皮脂の分泌が過剰な人も多いものです。一般的に、皮脂の分泌は男女ともに壮年期がピークで、その後、女性は急速に低下していきますが、男性は60歳を過ぎるころまで徐々に減少します。だから、男性のほうが、比較的多いといえます。

皮脂の役目は、皮膚の上に皮脂膜をつくつて水分の蒸発を防いだり、皮膚にうるおいを与えたり、刺激を緩和したり、また、弱酸性の性質を活かして雑菌の増殖を防ぐことです。

意外と大事な役目があるのですが、過剰なのも問題です。毛母細胞は脂づけの状態になり、皮膚呼吸も困難なため酸素不足になってしまいます。これでは、髪がしっかりと生えることができません。

 

 

②粃糠性脱毛症

粃糠(ひこう)とはフケのことであり、皮膚は、つねに新しい細胞を生み出しています。古い細胞は水分を失いながら徐々に押し上げられ、角質層で2週間ほどとどまったあと、角片となって自然にはがれ落ちていきます。これが、フケとアカです。

エアコンをつけつばなしの部屋は、ずいぶんと乾燥しています。また、冬場は外も乾燥していることが少なくありません。こうした状態が続けば、頭皮は、うるおいをなくします。

さらに、病気による内臓機能の低下・かたよった食事・ストレスなども皮膚の角化異常を起こし、皮膚の生まれ変わりサイクルであるクーンオーバーが異常になってしまいます。

さらに毛孔壁も角化異常を起こし、場合によっては、雑菌を繁殖させ、毛母細胞にダメージを与え、脱毛の原因となります。また、石油合成系のシャンプーも頭皮や髪を傷め、フケの原因になることがあります。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

体温が低いと薄毛になりやすい

体温が低いと髪の毛に元気がない 髪の毛は、毛母細胞の中で酵素の触媒によって、アミノ酸が髪の毛に変換されて伸びていきます。この酵素の働きが弱いと、中身の粗い髪の毛にしかならず、腰のあるしっかりした髪の毛 …

薄毛、抜け毛が医療の対象になってきた

薄毛、抜け毛の有効な治療薬、治療法が実用化 「髪の毛というのは、あるときは何とも思わないけれど、ないと絶対に困るものです。この悩みは、髪の毛が少なくなった人間にしかわからないでしょうね」-これは、ある …

自分の頭皮が硬いのか柔らかいのかわかっていますか

弾力があることと動くこと マッサージで頭皮を柔らかくしようとして髪の毛を無くした人は、生まれながらに頭皮は硬く、髪の毛も細くて量も少な目だったそうです。 確かに髪の毛が太くて本数の多い人は、頭皮に弾力 …

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

頭皮の皮脂が多いから薄毛になるのではない

あなたの皮膚の防御力を知る 皮脂の分泌能力が強いか弱いかを知るには、あなたの皮膚の防御力を見るとだいたい分かります。 例えば、「使う化粧品に気を使う」「何かを皮膚に付けるとすぐに赤くなる」「皮膚が弱い …