薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

男性に多い脱毛症

投稿日:

男性ホルモンだけが作用しているわけではない

「体毛の濃い人はハゲる」と、よくいわれます。実際に、その確率は高いように思われます。ただし、体毛の発達に深く関係している男性ホルモンが、直接、脱毛させているわけではありません。

男性は体の成長にともなつて、思春期から盛んに男性ホルモンがつくられます。体毛が濃くなるのは、そのためです。男性ホルモンの濃度が高ければ高いほど脱毛が起こるのであれば、大半の男性が抜け毛に悩んでしまうに違いありません。

男性ホルモンという名前ですが、女性の体内でも分泌されています。ただ、その分泌量が少ないので、男性のように体毛は濃くなりません。立派なあごヒゲのある女性などめったにいないのは、そのためです。

男性ホルモンは、さまざまな遺伝子の働きを調節します。ここで情報が正確に伝わらなければ、体毛などがきちんと発達しません。

また、5αDHT(ジヒドロテストステロン)は、最も強力な脱毛原因の一つです。これは、男性ホルモン(テストステロン)が皮脂腺でつくられた5αリダクターゼという還元酵素の反応によってできた物質です。そして、毛乳頭や毛母細胞に決定的なダメージを与えて、脱毛を著しく促進します。

 

 

このことからもわかるように、男性型脱毛症は男性ホルモン(テストステロン)だけが作用して脱毛するのではなく、5αリダクターゼと毛根周辺にテストステロンのレセプターの存在が必要条件になっているのです。

一般的に、男性も女性も年齢とともに皮脂の分泌が増加していきます。そのピークは30歳ごろです。ちょうど、男性が抜け毛を気にするころで、女性の場合は、そこから急激に分泌が減り、皮膚のシワやたるみが進んでいきます。

男性の場合は、60歳を過ぎるころまで減少していきますが、過剰に皮脂が分泌している脂性の人の場合は、その状態がずっと続くことになります。

皮脂が多いことによる脱毛症として、脂漏性脱毛症があります。その原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいだり、雑菌を繁殖させたり、頭皮の炎症を引き起こすためです。また、脂分が髪の固着力を弱めているとも思われます。

頭皮を清潔にし、炎症などの症状が見られなくても、髪が抜けていくのを止められない場合があります。皮脂を分泌する皮脂腺もまた、男性ホルモンによって発達します。皮脂には5αリグクターゼが多く含まれています。

そのため、毛穴の周りに皮脂が多く集まれば、5αDHTも生まれやすくなり、脱毛が起こっているのだと考えられます。男性ホルモンの分泌量は、要素の一つであって、それがすべてを決めているのではないのです。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

「育毛の効果」と「産毛」に関する勘違い

育毛の効果があれば増えるは幻想 効果とは裏を返せば負担です。効果の高い製品・方法は、強い負担を与える結果に繋がります。元々薄毛になるような頭皮は、頭皮の栄養状態が悪くなるほど頭皮や心身が弱っているので …

抜け毛の毛根を拡大してみると症状がわかる

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう シャンプーのあと、排水口にたまった抜け毛の多さに、「ひょっとして」と思わず不安になって感じた人はけっこう多いのではないでしょうか。頭髪専門のクリニックにも、「抜 …

薄毛や抜け毛は遺伝するのか

遺伝的素因がある程度まで判明 頭髪専門の医師が、「遺伝」という話題では、患者さんから、「薄毛、抜け毛は遺伝するのでしょうか?」「父が(あるいは祖父が) ハゲていたのですが、私は大丈夫ですか?」という質 …

女性とは違う男性の薄毛原因

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA 男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …