薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


女性の薄毛・抜け毛

女性に多い脱毛症とは

投稿日:

「女性はハゲない」というイメージが強いと思いますが、髪が薄いことで悩んでいる人はたくさんいます。「髪は女の命」ともいいます。薄いことを気に病んでいる女性は、帽子やかつらで隠そうとしていることが少なくありません。そのために、髪の薄い女性をあまり見かけないのでしょう。

一般的に、ストレスによる円形脱毛症は、女性のほうがなりやすいようです。女性のほうが、ストレスをためやすいのかもしれません。また、ダイエットによる栄養不足が髪に影響を与え、脱毛につながっているケースもあります。

女子男性型脱毛症

最近、女性でも、額や頭のてっぺんから髪が薄くなる人が増えています。これは、男性型脱毛症と非常によく似た状態です。

この脱毛症の増加は女性の社会進出の増加と期を同じくしていると思われますが、従来の主婦業から社会で活動するようになって、ホルモンバランスが男性ホルモン優位になっているのかもしれません。また、脱毛部位が男性型脱毛症とほぼ同じであるように、原因もほぼ同じと考えてよいでしょう。

ほかには、更年期障害の女性にも多く見られますが、これも更年期になってホルモンバランスが変化することによるものといえます。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は、ストレスによるものと考えてほぼ間違いないと思います。ストレスは必ずしも女性のほうが多いとは限らないはずですが、女性の場合、ストレスを解消する機会が多い男性と異なり、その機会が少ないと考えられます。

男性にももちろん円形脱毛症は見られますが、確かに女性のほうがその比率がそうとう高いようです。

また、悪性円形脱毛症という難治性の脱毛症がありますが、これも女性に極端に多く見られる脱毛症です。

「びまん性円形脱毛症」と呼ばれる症状も、女性に多く見られます。頭皮全体からまばらに多数の髪が抜けてしまい、乏毛状態になります。これが進行すると、全頭脱毛症やさらには全身の体毛も抜け落ちていく汎発性脱毛症になり、これも極端に回復が困難な場合は難治性の脱毛症になる可能性があります。

産後脱毛症

妊娠すると、女性はホルモンのバランスが大きく変化します。女性ホルモンの分泌が増え、それによってヘアサイクルの成長期が長くなるうえ、退行期にとどまっていて、髪が抜けずに残るからです。

出産後、ホルモンは正常な状態に戻ります。そして、退行期のまま抜けずに残っていた髪が一気に抜けてしまいます。全体の20%が、一度に抜けることもあります。

時間の経過とともに治りますが、場合によっては、そのまま回復しないケースもあります。

 

 

-女性の薄毛・抜け毛

執筆者:

関連記事

女性とは違う男性の薄毛原因

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA 男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる …

40歳代、50歳代女性の薄毛には、発毛を促す治療を中心に

発毛促進、ビタミン、ミネラルを合わせて 女性が薄毛になり、前頭部の髪の毛が頼りなくなってくると、たとえば前髪をアップにするようなスタイルがたいへんセットしづらくなります。 「おかしいな」と感じて、鏡で …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

女性の場合、病気が抜け毛の原因になることも

抜け毛の原因がひとつに特定できない 女性の抜け毛は複数の要因が重なって起こりますが、病気が原因で抜け毛を誘発していることもあります。この場合、個別のケースを見極めた上で髪の治療を並行して行う場合があり …

髪の毛は皮膚の一部が変化したもの

頭髪のトラブルは病気のサインの場合も 髪の毛のもつイメージは、女性にとってとても大切なもの。朝、髪型が決まると一日が気分よく始まるのに、逆に、まとまりが悪く納得のいかない髪型ででかけなければならないと …