薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

子供に多い脱毛症とは

投稿日:

食生活の変化とストレスが原因

子どもと脱毛はあまり結びつかないと思われるかもしれませんが、最近は増えています。病気などによるものではなく、いわゆる”ハゲ”といわれる症状に悩んでいる子どもが、実際に頭髪専門の病院に相談に来られているのです。

原因として考えられるのは、一つには食生活の変化、もう一つはストレスでしょう。特に食生活のウエイトが大きいと考えられます。離乳食から少しずつバランスのとれた普通食に切り替えて、栄養のかたよりがないように注意が必要な時期にもかかわらず、安易にファーストフードやインスタント食品に頼り、イモ、豆、菜っ葉、緑黄色野菜など健康に必要なものをほとんど食べていないケースが多くみられます。

かつて、子どもは、野原や公園、学校の校庭などで遊びまわっていたものです。三角ベースボールにチャンバラ、カンケリなど、お金をかけずに楽しめる遊びはたくさんあり、わざわざ「運動」などということを口にせずとも、自然と体を動かしていました。

経済の豊かさとともに、核家族化と少子化が進み、広場にも公園にも、子どもの姿が急速に減ってきて、今やほとんど見かけなくなりました。そして、子どもは家の中でテレビゲームに興じたり、あるいは塾に行かされたりと、運動不足のうえに、余計なストレスを受けているのが一般化しています。

このような生活環境の変化が、子どもの生活習慣病増加の原因ではないのでしょうか。もちろん、脱毛もその中の主要な一つといえるでしょう。

子どもによく見られるのは、びまん性脱毛症・悪性円形脱毛症で、一部には男性型脱毛症もあります。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

日頃から自分の髪の状態をチェックしよう③~⑤

③根元がおたまじゃくしの尻尾のよう 粃糠性脱毛症のおそれがあります。批糠とはフケであり、頭皮の角片です。エアコンをつけつばなしの部屋、空気が乾燥した冬場などでは、頭皮が水分不足を起こし、角質層の細胞が …

一度抜けた髪の毛は二度と生えてこないのか?

毛根周辺の細胞を活性化させてやれば必ず生えてくる 「毛生え薬を発明したらノーベル賞ものだ」といわれます。これまでにも「驚異の発毛剤」などと銘打ってさまざまな毛生え薬が発売され、時にはマスコミを賑わして …

薄毛、抜け毛はさまざまな理由で起きる

多くの人たちが髪の毛の悩みを抱え込んでいる 若い人たちから、40歳代、50歳代、もっと上の年代まで、男性だけでなく女性でも、さまざまな人たちが、髪の毛の悩みを抱え込んでいます。それでは、そうした薄毛、 …

一度抜けてもケアを続けていけば、髪はどんどん生えてくる

根気よく活性化をはかっていくと自分の髪を取り戻せる 脱毛症が治らないからといって、毛根が死んだと考えるのは間違いです。それは、毛根周辺の細胞が活力を完全になくした状態、つまり、仮死状態と考えるべきです …

髪の毛の構造とヘアサイクル

毛母細胞が分裂を繰り返して まず、私たち人間の髪の毛の構造を見ておきます。大きく分けて、皮膚の中にもぐり込んで外からは見えない部分(毛根)と、皮膚の外に出ている部分(毛幹)があります。草花でいえば、皮 …