薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛改善のためには生活習慣をチェック!①~②

投稿日:

生活習慣も親から受け継がれる

男性の薄毛について説明する中で、「薄毛」そのものではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝するのだと述べました。同時に、「親の生活習慣」も子どもに受け継がれます。

子どものころに肉類を多く食べた人は、成人してからも肉類を好みがちです。野菜などをたくさん食べ、栄養バランスのよい食事をしていた子どもは、大きくなってからも食事内容を受け継ぎます。どちらも薄毛になりやすい遺伝子をもっていた場合、やはり肉類を好むほうが薄毛になりやすいでしょう。「薄毛になりやすい体質+生活習慣=脱毛症」といえます。

血液型・体形・顔の形・声・髪質・脱毛年齢などは、遺伝子の情報を受け継いでいます。遺伝といわれれば、どうしようもないと思いがちですが、一概にそうとはいえません。もちろん、血液型などは変えられませんが、体形や髪質などは、食生活や生活習慣によって変えることができます。

 

 

①かたよった食事

日本人の食生活は、欧米型にシフトしてきました。これにより、動物性タンパク質、脂や塩分を摂りすぎている人が増えています。オーソドックスな朝食といえば、日本風ならご飯・みそ汁・のり・漬物、欧米風ならパン・バター・スクランブルエッグ・ソーセージでしょうか。

朝食一つをとっても、カロリーや脂肪分に差があることがわかります。

また、ファーストフードやコンビニが身近にあるため、三食とも外食ですますという人も見かけます。こうした食生活は、肥満や心筋梗塞、その他多くの生活習慣病になるだけでなく、薄毛にも影響します。

②運動不足

一つの階を上がるのにも階段を使わない。近所のスーパーヘ行くにも自転車やバイクを使う。身に覚えのある人は、多いのではないでしょうか。運動不足は全身の機能を低下させます。血行にかかわりの深い心肺機能が弱くなると、新陳代謝が活発に行なわれず、各器官の働きも鈍って、髪にもよいとはいえません。

適度な運動は体のために必要であり、毎日、少なくとも30分以上軽い運動をするのが理想的です。ただし、やりすぎると、活性酸素や乳酸、その他の疲労物質が蓄積し、過労によって体調を崩したりしますので逆効果です。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

毛根が仮死状態になっても髪を取り戻すことが可能に?

仮死状態を回復させてやる 病気への対処は、まず予防があり、それがダメなら早期発見・早期治療、それを過ぎた場合は手術などの根本治療ということになります。脱毛症も同じで、頭髪が危なくなる前に、ストレスをた …

簡単なうえに頭皮や髪を健康に保つ「お湯洗髪」

ふだん使っているシャンプーやリンスに疑問を持つように クリニック宇津木流院長である宇津木龍一先生の髪は、もともと細くサラサラしていて、コシがなく、整髪料を使わないと前髪が落ちてくるほどでした。 ところ …

若い女性の薄毛、脱毛については、まだよくわかっていない部分が多い

ストレス過剰や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れが原因の場合が多い 20歳過ぎから薄毛が気になり始めて薄毛、脱毛といっても、人によって、そのトラブルや悩みはさまざまです。 女性のケースも見ておきましょ …

妊娠・出産で薄毛になる

元に戻らない人が増えてきた 妊娠出産が薄毛のきっかけになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時期薄毛になります。 ホルモンのバラ …

一般的な後天性脱毛症のタイプ

髪が薄くなった人を見てみると、さまざまなタイプがあるのがわかります。額がどんどん広がって、前頭部から脱毛が進んでいる人、河童のように頭のてっぺんに髪のない人、髪がまばらになってしまった人、小さな丸い形 …