薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について

薄毛改善のためには生活習慣をチェック!③~⑤

投稿日:

ストレスは一時的にでも解消しよう

③睡眠不足

睡眠不足が続くと脳細胞の疲労を回復することができず、内臓に障害が出たり、血液の状態も悪くなります。「皮膚は内臓の鏡」といわれますが、血液から成長に必要な栄養を摂り込む髪もまた同じです。体の健康状態が、そのまま髪にも反映されます。

血液は、昼は内臓諸器官に比較的多く、夜になると皮膚や骨に流れます。そのため、皮膚の細胞は、夜10時~深夜2時ごろにつくられるといわれています。髪もまた同じことです。太古の昔から人間は昼間活動し、夜は眠るという生活リズムを維持してきています。このリズムを乱すことは、健康を乱すことにつながるのではないでしょうか。

④喫煙

髪の成長に直接、影響を与えているわけではありませんが、タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させる作用があります。毛乳頭が栄養を取り込む毛細血管の細さは、髪の数十分の一です。細い細い毛細血管がさらに収縮すれば、血液の流れはどんどん悪くなってしまいます。

⑤ストレス

薄毛の原因のところで何度も述べましたが、ストレスは時に体に異常を引き起こします。現代社会とストレスは切り離せませんが、アロマテラピーや入浴、散歩、音楽鑑賞、その他いろいろなリラクゼーションを生活の中に取り入れて、一時的にでもストレスを解消しておくことが重要です。

 

 

-薄毛について

執筆者:

関連記事

一般的な後天性脱毛症のタイプ:円形脱毛症

③円形脱毛症 突然、円形に髪が抜けてしまう脱毛症です(形は円形とは限りません)。単発性のものは、抜ける箇所は一カ所だけで、80~90パーセントぐらいの人が自然に治ります。多発性になると、抜ける箇所も増 …

帽子をかぶると薄毛になるというのは本当か

髪にとってはマイナス要因になる 帽子屋さんに怒られそうですが、まるっきり関係がないというわけではありません。帽子そのものが悪いのではなく、長時間・長期間かぶると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。 …

髪の毛を育てる力が強い人とは?弱い人とは?

皮脂の分泌能力が高い人は抜け毛が多い 人には髪の毛を育てる力の強い人と弱い人がいます。そのうち弱い人の方が薄毛になりやすく、一度薄毛になると改善には時間と手間がかかります。 反対に髪の毛を育てる力の強 …

頭皮に悪い影響を与え、薄毛の原因になる貧血・低血圧・生理不順

貧血や低血圧は血の巡りが悪い 頭皮の毛細血管から毛乳頭に血が巡り、毛母細胞が細胞分裂を繰り返して髪の毛は伸びていきます。十分な血が巡ってくることと細胞分裂が活発に起こっている必要があるということです。 …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …