薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛について 髪の毛について

毛根が仮死状態になっても髪を取り戻すことが可能に?

投稿日:

仮死状態を回復させてやる

病気への対処は、まず予防があり、それがダメなら早期発見・早期治療、それを過ぎた場合は手術などの根本治療ということになります。脱毛症も同じで、頭髪が危なくなる前に、ストレスをためない、動物性タンパク質を摂りすぎない、髪によいシャンプーを使うなど、日ごろからしっかりと予防しておくのが何よりもベストです。

すでに危険信号を発している状態なら、早期治療に努めるべきです。なぜ脱毛が起きているのか、素人にはその原因を究明するのは難しいでしょうから、正しい理論にもとづいて、間違いのないケアを実施している医師にご相談いただきたいと思います。

まだ早い段階であれば、食生活の改善やストレスの解消、軽いスポーツの実行などを通して、体質や生活習慣を改善することで回復する場合もありますし、また、施術が必要であったとしても、少ない時間と費用ですむでしょう。

問題は、毛根がすでに仮死状態にある場合です。先ほども述べたように、ここに至った以上は、体質や生活習慣の改善だけでは治りようがありません。かといって、お医者様にかかってどうなるものでもないので、皆さん悩んでおられるわけですが、毛根周辺の細胞を外側からの刺激で活性化させ、仮死状態を回復させてやれば、髪が再び生えてくる可能性は非常に高いのです。

もともと人間には、自然治癒力が備わっています。ケガをしたら薬を塗りますが、薬の役目は殺菌・滅菌をして化膿するのを防ぐことで、傷口をふさいでくっつけるのは、人間が本来持っている皮膚の自然治癒力の働きです。

 

 

時間をかけて正しいケアを続けていけば可能

毛根の活性化にしても、同様のことがいえます。毛乳頭が萎縮し、さらに活動を完全に停止したとしても、細胞としての情報をなくしたわけではありません。

体質や生活習慣、シャンプー剤を髪によいように改善していくとともに、外からのしかるべき刺激により、毛細血管や末梢神経、さらに毛根周辺の細胞を活性化させ、毛乳頭の生命力を引き出してやると、毛乳頭が再び活動を開始し、髪の源である毛母細胞を育てるようになるのです。こうなれば、髪は自らの力で生えてきます。

ある種の刺激が細胞の活性化に役立つことはすでに知られています。わかりやすい例をあげれば、「加熱」がそうです。冷えているところを温めてやると、血行が促進され、細胞を刺激して活性化につながるのは、経験してご存じの方も多いでしょう。

ある頭髪専門のクリニックでは、低周波、高周波を用いています。低周波の刺激で頭皮全体を活性化させるとともに、発毛剤の浸透性を高め、他方、高周波の刺激で男性ホルモンの5αDHTを解消し、さらに、末梢神経を正常に戻したり、頭皮全体を健全にしていきます。

むろん、これだけではなく、同時にシャンプーや食生活、ストレスなどを改善して、身も心も健康にしていく必要があります。何かを塗れば治るという即効性はありませんが、少々時間をかけて正しいケアを続けていけば、再び自分の髪を取り戻すことが可能なのです。

 

 

-薄毛について, 髪の毛について

執筆者:

関連記事

女性とは違う男性の薄毛原因

男性の薄毛でもっとも多いのがAGA 男性と女性の薄毛の原因は異なるというお話を以前しましたが、ここで男性の薄毛について触れておきましょう。男性の薄毛でもっとも多いのが、AGA(エージーエー)と呼ばれる …

薄毛が遺伝するというのは本当か

遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」 「父が薄毛だから自分も危ない」「隔世遺伝するらしく、祖父が薄毛だと自分もくる」 薄毛と遺伝の関係は昔から取りざたされてきました。現代では、薄毛の原因となっている遺 …

抜け毛が減っても薄毛は改善しない

髪の毛はあなたの細胞のひとつ 「毛が抜けて薄くなっちゃった」「残っている大事な毛なんだから引っ張らないでよ」なんて、薄毛の芸人が叫んで笑いをとっていたりします。 こんな場面を見ていると、抜けると薄毛に …

薄毛、抜け毛の進行をできるだけ遅らせるという考え方

加齢による薄毛、抜け毛をできるだけ抑える いま起きている薄毛、抜け毛が「進行する脱毛」であれば、まずその進行をなんとかして食い止めることはできないかと、考える必要があります。たとえ完全に食い止められな …

男性に多い脱毛症

男性ホルモンだけが作用しているわけではない 「体毛の濃い人はハゲる」と、よくいわれます。実際に、その確率は高いように思われます。ただし、体毛の発達に深く関係している男性ホルモンが、直接、脱毛させている …