薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


髪の毛について

髪を健康に保ちましょう

投稿日:

体の健康によいことは髪の健康にもよい

女性も男性も、髪のファッションに対する関心が高いわりには、髪の健康に対する関心が薄いのはどうしてでしょう。

髪はいったん抜け始めると、なかなか止まりません。遺伝だから仕方がないと諦めているとしたら大きな間違いで、髪質や脱毛年齢などは、血液型、体形、声、顔形などと同様に、遺伝子から受け継いだ先天的な部分はあるものの、食生活とか生活習慣のあり方によって、後天的に影響される面が多いのです。

たとえば、アトピーや各種アレルギー、あるいは、ガン、糖尿病、心臓病、痛風などの生活習慣病は、誘発する遺伝因子との関係が指摘されていますが、たとえそれを持っていたとしても、皆が皆、必ず発症するわけではありません。食生活や生活習慣などの要因が重なってはじめて、症状となって現れるわけで、「生活習慣病」と呼ばれるのもそれゆえです。

逆にいえば、健康を損なうような食事や生活を避ければ、病気にかかりにくくなります。脱毛症も同じで、悪くなる前に、髪をいつも健康な状態に保つように心がけておけば、遺伝性である男性型脱毛症であっても、脱毛を誘発する皮脂分泌を抑制して、脱毛や薄毛の進行を食い止めることが可能です。脂漏性脱毛症、批糠性脱毛症、悪性円形脱毛症なども、食生活や生活習慣の改善によって発症を防ぐことができます。

髪の病気と生活習慣病とは、原因が非常によく似ており、基本的に体の健康によいことは髪の健康にもよいといえます。病は、健康の対極にあります。日ごろから次の点に留意して、健康な髪をめざしましょう。

→髪を健康に保つ「食生活」「生活習慣」「生活環境」

 

 

-髪の毛について

執筆者:

関連記事

フケが出るのは髪のトラブルなのでしょうか?

フケが出るのは人間の体の生理現象 フケ症で悩んでいる人はけっこう多いようです。フケ取りシャンプー剤が売れているのがなによりの証拠ですが、フケはそもそも何かというと、頭のアカだと思えばわかりやすいでしょ …

脱毛症とは

脱毛はさまざまな原因によって起こる 20歳を過ぎれば、誰しも老化が始まります。新陳代謝が衰え、細胞の分裂スピードも遅くなっていきます。老化が進むことば、誰しも避けられません。 若さと美を追い求める女性 …

髪を健康に保つ「食生活」「生活習慣」「生活環境」

ストレスは健康にとって大敵 ①バランスよく栄養を摂ろう~食生活 毛母細胞は毛乳頭から、またその先は血液から栄養を摂取して活発な細胞分裂を繰り返し、髪が成長をとげています。それだけに、食生活は体の健康と …

毛根が仮死状態になっても髪を取り戻すことが可能に?

仮死状態を回復させてやる 病気への対処は、まず予防があり、それがダメなら早期発見・早期治療、それを過ぎた場合は手術などの根本治療ということになります。脱毛症も同じで、頭髪が危なくなる前に、ストレスをた …

体中に行き渡った栄養が最後には髪にも回ってくる

わざと食べないのは人間くらい 日本人は戦後、厚生省(当時)が一時期1日80g以上の動物性タンパク質が必要であると奨励したこともあり、魚や肉の動物性タンパク質を多く摂る欧米風の食生活に変わりました。タン …