薄毛が治らない

何をやっても薄毛が改善しないと悩んでいる人に参考になるヒントがたくさんあります。


薄毛を改善する運動・マッサージ

マッサージで頭皮の血行を良くしましょう

投稿日:

つまんだり、トントンと叩くのも有効な頭皮マッサージ法

人間の血液量は体重の約8パーセントといわれ、体中を巡っている血液は、食事などで摂取した栄養や酸素を身体の末端の細胞にまで運ぶとともに、各組織でできた老廃物や二酸化炭素を腎臓・肝臓といった処理器官へ運ぶという大事な役割をになっています。

ですから、運動不足やストレス、寝不足などによる自律神経失調、糖分・塩分の摂りすぎなどが原因で血行不良を起こすと、体内に栄養が行き渡らなくなるうえに、老廃物がたまり、身体によくない症状を引き起こします。

なかでも、髪をつくり上へ上へと押し出して伸ばしていく毛母細胞は、人間の体の中で最も活発に細胞分裂しており、それだけ大量の栄養を必要とするところです。

もともと頭皮の温度は平均体温よりも2度前後低く、血液が流れにくいところへもってきて、さらに血行不良にでもなれば栄養補給がとどこおり、細胞分裂の活力を失い、抜け毛を促進しかねません。髪にとっては、頭部の血行の良し悪しはまさに生命線ともいえるほど重要で、頭皮の血行促進を常日頃から心がけるようにしましょう。

朝起きたとき、髪型を整えるだけでなく、頭皮の色をチェックしておくと血行の具合をチェックできます。もし、頭皮が赤黒くなっていたら要注意。静脈の流れが悪くなって、うっ血していると考えられます。

 

 

頭皮の血行をよくするには、食事や生活習慣に気をつけることはもちろんですが、マッサージも有効です。

両方の耳から頭頂部へ向かうそれぞれの線と、顔を左右に分けたときの中心線のまじわるところに「百会」、後頭部の首に親指をあて、頭頂部に向かってすべらせて、指が止まるところに「風池」と呼ばれるツボがあります。この二点をとくに意識し、指の腹で円を描くように頭部全体をもみほぐします。

軽く頭皮をつまむとか、トントンと叩いてやるのも有効です。頭皮マッサージには、血液・リンパ液の流れを促進させ、頭皮に弾力を取り戻すとか、自律神経の働きを活性化させて精神の疲れを癒す効果もあります。30秒程度でよいので、頭皮の健康のために励行しましょう。

首や肩の凝りも、頭皮への血行を悪くします。人さし指、中指、薬指の順で、凝っているなと感じる部分に指の腹をあて、ゆっくりと押しながらほぐします。さらに、忘れてはならないのが足の裏のツボです。

足は”第二の心臓”と呼ばれ、血液の循環をよくし、全身の新陳代謝を促進させる働きがあります。足の裏には、胃や肝臓、腎臓、目、耳などの各器官の経絡(けいらく)が集まっており、そのツボを親指の腹や先の丸い棒で押すことにより、気の流れをよくし、疲れを取り除いてくれるのです。

足裏マッサージは大人気であちこちに専門店ができていますが、本もたくさん販売されています。それを参考にすれば、自宅で手軽にできます。1日おきに20分程度をめやすにして、続けてみるとよいでしょう。

頭皮や首・肩、足裏などのマッサージとともに、入浴、適度の運動も血行促進には欠かせません。これらを上手に組み合わせてストレス解消や血行をよくし、髪と体の健康を増進してください。

 

 

-薄毛を改善する運動・マッサージ

執筆者:

関連記事

耳たぶ回しをはじめとしたリンパケアは女性の薄毛にも効果絶大

  薬に頼らない方法を模索し始めた 薬剤師・さとう式リンパケアインストラクターの木村友泉さんは現在55歳。更年期といわれる年代ですが、髪も肌もトラブルなし。体調不良もいっさいありません。これ …

「四神聡」というツボへの刺激が白髪や抜け毛の予防・改善に効果大

ストレスによる不安感などの予防・改善にも 東洋医学では、髪は「血余(けつよ)」といい、血の余ったものが髪になると考えられています。十分な量の血が流れていれば、髪は黒々としていますが、老化によって血が不 …

薄毛が改善する頭皮の健康を保つマッサージのやり方

頭皮の血液循環をよくすることが重要 脱毛、薄毛対策として、最も重要なのが、「頭皮の健康を保つこと」です。ポイントは、主に2つ、シャンプーとマッサージです。 頭頂部の皮膚には、筋肉がありませんから、自分 …

髪のトラブルは、体が不調を訴えているサイン。「爪もみ」で薄毛・抜け毛が改善!

脱毛や薄毛の原因はストレスによる栄養不足 髪は、1カ月に1cmも成長する、非常に特殊な組織です。約10万本の髪が日々成長するためには、多くの栄養とエネルギーが必要になります。 そして、髪に栄養とエネル …

育毛効果のある有効成分が複数含まれる「センブリ水」で薄毛を改善

さまざまな育毛法を試した 町田健康気功会代表の内藤千鶴古先生はもともと毛髪が少なく、毛も細いほうです。なじみの美容師さんからは、よく「頭皮が赤い」と指摘されていました。 しかも、50代のとき、ストレス …